生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 顔合わせ食事会当日に注意すること

顔合わせ食事会当日に注意すること

2012年07月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

結婚が決まったらまずは結納、というスタイルをとる人が減ってきています。現在は、結婚式の前に顔合わせ食事会を行う人が増えてきています。そこで今回は、顔合わせ食事会当日に注意することを紹介します。

顔合わせ食事会当日に注意すること

お土産

両家がはじめて顔合わせ食事会で会う人も多いはずです。そこで、お土産を持参する人もいるでしょう。しかし、両家のどちらか一方だけがお土産を持っていては、きまずくなってしまいます。

そこで、あらかじめお土産を持参するかどうかを決めて、両親に伝えるようにしましょう。

「今回は、お互いに気を遣わないように、お土産は持参しないようにしよう」などと、両親に伝えておけば、当日のトラブルはなくなります。

お土産のアリ、ナシはきちんと伝えておこう

記念撮影

せっかく両家が集まったのだから、ぜひ全員で記念撮影をしておきたいものです。

食事が始まり、お酒が入ると顔が赤くなってしまう場合もあるので、食事前に1枚撮影しておくのがおすすめです。お店の人に撮影を頼みましょう。

ホテルなら写真室で撮影という手もありますが、そこまでしなくても問題ありません。顔合わせ食事会には、デジカメを持参しましょう。

両家で写真を撮りましょう

挨拶

顔合わせ食事会が始めれば、挨拶が必要になります。まずは、席についたら開会の辞を述べましょう。ふたりが両親を招くという形なら、男性から食事会の趣旨や結婚の覚悟を話すとといいでしょう。

その後、お互いが両家の紹介するようにしましょう。名前を紹介するとともに、仕事や趣味、人柄などを交えて離すと、お互い親近感が増すはずです。

顔合わせ食事会当日は、思ったよりも緊張してしまう場合が多いので、事前に原稿など準備しておくと、スマートに話すことができます。

事前に挨拶する内容を決めておき、スムーズに食事会を進めましょう

おわりに

結婚は、一生のうちにある大イベントの一つです。顔合わせ食事会を成功させるためにも、今回紹介した記事を参考にしてみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110108131624

本記事は、2012年07月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る