生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3. 素晴らしい披露宴にするためのコツ

素晴らしい披露宴にするためのコツ

2011年01月11日作成

 views

はじめに

一生に一回の披露宴。思い出に残るすばらしい披露宴にしたいですよね。そこで今回は、素晴らしい披露宴にするためのコツを紹介します。

素晴らしい披露宴にするためのコツ

自分たちだけの披露宴ではない

新郎新婦だけが満足する披露宴ではいけません。披露宴の目的は「結婚したことを関係者にお披露目する」ということなのです。

そこで、結婚式は、ある程度好き勝手やってもいいですが、披露宴は出席してくれた人を主役にして企画しましょう。そうすることで、出席者が「素晴らしい結婚式だった」と言ってくれるようになります。

新郎新婦が自分勝手に披露宴をしては、後々の出席者との関係に問題が出てくることもあるので注意しましょう。

招待人数に気をつける

招待客の人数は、出来る限り両家で合わせるようにしましょう。また、あまり異性の友達を招待するのはやめましょう。

席の割り振りは、招待状の返信を待つ前に、予め大体の枠組みを考えておき、招待状が返ってきた後、調整を行うとスムーズにいきます。

後々揉めないためにも、披露宴に招待する人、人数をしっかり話し合っておきましょう。また、両親とも招待客について、意見を聞きましょう。「親戚の〇〇さんが抜けている」とか、アドバイスをくれるはずです。

食事にお金をかけよう

披露宴に参加する人は、ご祝儀を持ってきます。ご祝儀に3万円包んだのに、料理がおいしくなかったり、満足いく食事でなかったら、出席者はとても残念な気持ちになりますよね。

そこで、すごいドレスを着たりお色直しをしたりすることにお金をかけるよりも、食事にお金をかけるようにしましょう。

最近ではネットで式場のコース料金が簡単に調べられたりするので、あまりランクの低い食事を出すのはやめましょう。

おわりに

披露宴は、2人だけのものではなく、招待される人のための披露宴でもあります。そこで、披露宴をする際には、今回紹介したコツを参考にして、素晴らしい披露宴にしましょう。

本記事は、2011年01月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る