\ フォローしてね /

行き詰まった状況を打破する仕事術

仕事をしていると、いつでも順風満帆というわけにはいきません。やはり、行き詰まってしまうときもあります。しかし、行き詰まったときにどのように対処するかで、デキル人になれるかどうかの分かれ道になることもあります。

今回は、行き詰まったときに上手に状況を打破するためのポイントをご紹介しましょう。

ポイント1:完璧を目指さない

最初から完璧なものを作ろうとがんばってしまうことが、行き詰まりの原因になってしまうことはよくあることです。しかし、全ての仕事を完璧にこなす必要はないということを覚えておくことが大切です。

例えば、資料の作成を頼まれたとしましょう。いきなり完璧な資料を作成しようとして、締切ギリギリまで抱え込んでしまうのはNGです。

半分くらいできた段階で進捗報告もかねて一度チェックしてもらい完成度を高めていくのが賢いやり方です。

最初から一発OKを狙うのではなく、段階を追って完成度を高めましょう。

ポイント2:思い切って帰る

人間が集中して物事を行なえる時間には、限りがあります。行き詰まってきて気分が乗らないときにじっと机に座って残業時間を過ごしても状況は変わりません。

そんなときは、思い切って定時で帰ってしまいましょう。もちろん、仕事を残しているわけですから、翌日はいつもより早く出社することが必要になります。

しかし、早朝出社すると、電話応対の必要もなく集中して取り組むことができて、状況を打破するきっかけになることが多いものです。

定時退社、早朝出社にトライしてみる。

ポイント3:できる仕事から片付けていく

次から次に仕事が降ってきて、パニックになってしまい行き詰まりを感じるケースも少なくないようです。そんなときは、優先順位は置いておいてまず抱えている仕事の中でラクにできる仕事はないか考えてみましょう。

人に頼める仕事、自分が得意な仕事、簡単かつすぐにできる仕事をどんどん処理することで、仕事を終わらせているという充実感を感じることができます。

達成感や充実感によって、もっと難しい仕事にも積極的に取り組む「ヤル気」が活性化されてきます。

手持ちの仕事を仕分けて、できることから済ませていく。

おわりに

仕事で行き詰まることは、本当に苦しいことです。永遠にこの時間が続くのかと思って悩んでしまいがちですが、少し考えると、仕事で失敗したからといって死ぬわけではありません。

失敗も自分が成長するための、人生の糧だと考えてポジティブに取り組む姿勢が何より大切なのかもしれません。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。