生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 食事の仕度の時短方法

食事の仕度の時短方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

食事の仕度は、毎日のことですし、できることならササッと済ませてしまいたいですよね。仕事をしている主婦ならなおさらです。

そこで、食事の仕度の時短術を、いくつか紹介したいと思います。少しの工夫で、毎日の家事がグッと楽になりますよ。

冷凍庫を利用した時短術

製氷皿を活用

赤ちゃんの離乳食で、だしを冷凍したりするのに活躍する製氷皿。離乳食作りでなくても、活用できるんです。

例えば、ホワイトソース。まとめて多めに作り、製氷皿に入れて凍らせます。凍ったらタッパーなどに移し、使いたいときに、使いたい分だけ解凍して使用しましょう。

このほかにも、水気を多く含むものは、ほとんど何にでも応用できます。小さなキューブ状になるので、使用する分を取り出しやすく、とても便利です。

面倒なソースをまとめて作っておけば、調理の際、時間を大幅に短縮できますよ。

冷凍保存バッグを利用

ニンニクや生姜のすりおろし、ネギの小口切り、大根おろしなどは、全て、下処理してバッグに薄く引き延ばして冷凍しておきましょう。

使いたいときは、ポキポキと折って使いたい分だけ使用できます。フードプロセッサーなどでまとめてすりおろしておけば、とても楽ですし、調理のたびにすりおろしたり刻んだりする手間が省けます。

炊飯器・電子レンジを利用した時短術

炊飯器

ゴハンを炊くのと同時に、野菜を蒸してしまいましょう。アルミホイルに包んだ野菜を放り込んで、スイッチを押せば、ゴハンが炊き上がるときには柔らかく蒸しあがっています。

ポテトサラダのジャガイモと人参や、ブロッコリー、煮物に使う大根の下茹でなど、炊飯器に任せれば、大幅に時間と光熱費を節約できます。

かぼちゃなど、煮崩れする野菜には向きません。

また、炊飯器の炊飯時間を利用して、ゆで卵を作ることもできます。生卵の殻をキレイに洗い、アルミホイルに包んでお米の上に入れ、普通にゴハンを炊きます。炊き上がれば、固めのゆで卵も同時にできます。

電子レンジ

炒め物に使用する野菜を、あらかじめ、レンジで軽く加熱しておくことで、調理時間を大幅に短縮できます。

5mm厚さ程度の人参なら、500wで約1分加熱しておけば、ほとんど炒めなくても良いくらいの柔らかさになります。

フライパンで、野菜全てがしんなりするまで炒めるのは、結構時間がかかるので、炒め物の野菜は、ラップをかけてレンジで加熱しておくようにしましょう。

おわりに

食事の仕度の時間を短縮すれば、同時に光熱費も節約できてしまいます。調理も楽になりますし、主婦には嬉しいことだらけですね。

家電や便利グッズを賢く利用して、日常の調理の時間はしっかり節約してしまいましょう。できた余裕の時間で、時々、手の込んだお料理を作ってみるのも良いですね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110110225133

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る