生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 不器用でも短時間で自炊ができるようになるポイント

不器用でも短時間で自炊ができるようになるポイント

2011年01月10日作成

 views

節約のために自炊をしてみたいけれど、なんとなく難しそうだし時間もかかってしまいそう、自分にはできないかも、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は自炊ってとても簡単なものなのです。

その気になれば誰でもすぐに出来るようになります。ひとつだけ気をつけないといけないのは洗い物をためず、使い終わったらその場ですぐに洗うこと。

他にもあるいくつかのポイントを守れば不器用な人でも短時間で簡単に自炊ができるようになれるのです。

目次

自炊の第一歩はお米から

自炊をするならまずはお米を炊くところから始めましょう。自宅でご飯さえ用意してあれば、おかずだけ惣菜を買ってきても、外食よりは確実に安上がりですし用意に時間もかかりません。

例えばレトルトのカレーでも100円~300円もあれば、おいしいものが売っています。そのお米を研ぐのが自信がない、面倒という人もいるかもしれませんが、最近は無洗米がオススメです。

買って来てお米に水を入れるだけですぐにご飯を炊くことが出来ます。水は炊飯器に目盛りがあるので目盛りの指示通りに入れれば大丈夫です。

炊飯器にお米を計る計量カップがついていない場合には100円ショップでも売っていますので、買ってきておけばいいでしょう。

カット野菜なら包丁も不要

包丁を使うのが怖い人や、野菜や肉を切るのが面倒と言う人もいると思います。そんな人にオススメなのがカット野菜です。

野菜そのものを買ってくるよりは割高になりますが、それでも外食よりは断然安上がりです。

カレー用の野菜や鍋用野菜、炒め物用など、いろいろな用途に合わせたカット野菜が売っています。

また精肉コーナーに行くと、お肉に下味が付いた状態でカットずみのものも売っています。

そういったものを利用すれば包丁も使わずにそのまま鍋やフライパンに入れて煮たり焼いたり炒めたりするだけでおかずが出来上がります

合わせ調味料は不器用さんの強い味方

中華料理を中心に、いろいろなお料理の合わせ調味料もたくさん出ています。

麻婆豆腐やチンジャオロース、ホイコーローなど本格的な中華料理も合わせ調味料を使えば材料を炒めて調味料を混ぜるだけで出来上がりです。

中華料理を本格的に自宅でやろうと思うといろいろな種類の調味料が必要になりますが、合わせ調味料ならあれこれと買う必要もありません。

また、お肉が好きな人ならば、ハンバーグの素や牛丼のたれなども市販されているのでいろいろと試してみるといいでしょう。

塩とこしょうが一緒になった万能なものなども売っていますので、そういった調味料を用意しておけばかなり便利です。

おわりに

自炊は意外と簡単ですし時間も削ろうと思えば削れます。毛嫌いせずに試してみましょう。

本記事は、2011年01月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る