生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3. 結婚式の新郎新婦の衣装の選び方

結婚式の新郎新婦の衣装の選び方

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

一般的な結婚式の新郎新婦の衣装の選び方についてご紹介します。

衣装プランの立て方は?

衣装は二人のバランスを考えて

和装にしろ洋装にしろ、衣装選びのポイントは、自分に似合うこと、新郎新婦のバランスがとれていること、そして式場や披露宴会場にふさわしいことです。

二人の式服の格が同じなら、新郎が洋装、新婦が和装でもかまわないのです。ただし、男性が和装なのに女性が洋装では少し違和感があるので、この場合はそろえたほうがいいでしょう。

新婦の場合

和装の場合はレンタルを利用することが一般的ですが、洋装はレンタルと既製品の購入、オーダーの3通りがあります。

和装: もっとも格式高いのは白無垢

女性の和装でもっとも格式高いのは、凛とした気品あふれる白無垢です。打掛から帯、扇子にいたるまで純白で統一したもので、綿帽子や角隠しで顔を隠します。

和装:華やかな印象の色打掛

白無垢とは対照的に、華やかな雰囲気なのが色打掛です。豪華なピンク色の生地に、おめでたい柄を金銀の糸で刺繍したものです。

挙式に白無垢でのぞむ場合、披露宴では色打掛に着替え、お色直しでドレス姿になるのが、和装挙式の王道パターンです。

洋装:ウェディングドレス

ウェディングドレスの基本ラインは6つあります。自分の体型や会場の雰囲気にもあわせて、選びましょう。また、教会で式を挙げるときは、肌の露出を控えたドレスにするのがマナーです。

  • ベルライン

ウエストを細く絞り、腰周りをベルのようにふくらませたドレスです。

  • スレンダーライン

体にフィットするかなり細めのシルエット。背が高くて大人っぽい人に似合う。

  • プリンセスライン

上半身がタイトで、腰からふわりと広がる。ボリューム感のある華やかなデザインです。

  • Aライン

ウエストから裾にかけて広がるシルエットで、体型を選びません。

  • マーメイドライン

上半身からひざまでは体のラインに沿い、ひざ下から人魚のように広がるスタイルです。

  • エンパイアライン

胸のすぐしたに切り替えがあり、足が長く見えます。マタニティウェディングにもぴったりです。

洋装には本来着る時間帯と格式に合わせて非常に厳格なドレスコードがあるので、最近はあまりこだわらなくなりましたが、式場などの専門スタッフに相談することをおすすめします。

洋装:お色直しのカラードレス

お色直しで着るカラードレスは、好きな色を自由に選ぶことができます。ブーケやベール、手袋などの小物のデザインも多彩なので全体バランスをよく考えてコーディネイトしてみましょう。

新郎の場合

男性の婚礼衣装は、和装・洋装を問わず、貸衣装を利用するのが一般的です。女性の衣装と格式をあわせることを第一に選びましょう。

和装:五つ紋付き羽織袴

格式の高い白無垢や色打掛には五つ紋付き羽織袴をあわせます。

和装:色紋付き羽織袴

ワンランク下の準礼装である色紋付き羽織袴で、新婦が披露宴で振袖などを着るときに限って着用できます。

洋装:モーニングコート

午後6時までの正礼装はモーニングコートです。背中部分が長い黒の上着、グレーかアイボリーのベストを着用します。ズボンは黒と白のストライプです。

洋装:ディレクターズスーツ

午後6時までの準礼装です。タイはシルバーグレーか白黒の稿、アスコットタイのいずれかで、ある程度幅広い着こなしが認められています。

洋装:テールコート

午後6時以降の正礼装で、別名「燕尾服」といいます。前身頃が短く、後ろ身頃が長く、白のウイングカラーのシャツを閉めて白の蝶ネクタイをしめます。

洋装:タキシード

午後6時からの正礼装で、テールコートよりはやや略式です。黒の蝶ネクタイにカマーバンドが特徴です。

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る