生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. オシャレを楽しみながら温かい服装をする方法

オシャレを楽しみながら温かい服装をする方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

寒さが身にしみる季節になりました。暖房のきいた部屋で、1日中過ごしたいものですが、なかなかそうはいきません。

外に出なければならない用事もありますし、暖房を使い続けると、光熱費が大変なことに・・・。

服をしっかり着込めば、寒さはしのげますが、着膨れしてしまうのはイヤですよね。寒い冬も、やっぱりオシャレを楽しみたいですね。

そこで、そんなに着込まなくても、温かく感じられる服装の工夫の仕方を紹介したいと思います。

温かく感じる服装

重ね着のポイント

ごつい服を1枚着るより、薄手の服を2枚重ねたほうが、温かく感じられます。体に密着する肌着を着用しましょう。

最近は、ユニクロのヒートテックのような、1枚でも体感温度を上げられるよう工夫された素材で、しかもファッション性のあるものがたくさん出ています。

いろんなメーカーから発売されていますので、気に入った型のものをみつけて、重ね着用に購入しましょう。1枚でも温かく感じられますが、2枚重ねると、さらに温かさが増します。

ババシャツなどとは違い、裾や肩の部分からチラっと見えても、肌着っぽくないので、いろんな服に合わせられ、オシャレを楽しめますよ。

首のつくところ

のつくところを温めるだけで、体感温度はかなり違ってきます。'・足首手首をしっかり温めましょう。

首にはマフラーやネックウォーマーを巻きます。ストールを工夫して巻いたり、今年流行のスヌードを巻けば、トレンドを意識しつつ、しっかり防寒できます。

足首は、レッグウォーマーがオススメです。ブーツを履くときでも、レッグウォーマーを履いて、あえてブーツから少し覗かせて、レイヤードを楽しむとオシャレ上級者に見えますよ。

足元をタイツにしたい方は、タイツの下にパンストを重ねると、とても温かく感じられます。

手も、外出の際には手袋をして、冷たい外気から守ってあげると良いですね。服装に合わせた手袋で、オシャレを楽しみましょう。

上着を活用

寒い冬だからこそ楽しめるファッションもあります。ふわふわした素材の、見るからに温かそうなアウターや、ファー小物などは、女性をとても魅力的に見せてくれる冬のファッションの醍醐味。

そういったものを活用して、温まりながらファッションを楽しみましょう。皮のブルゾンなどは、薄手で動きやすく、オシャレな上に、風を通さず、とても温かく感じられます。

また、上着と中の服やボトムを合わせて、オシャレを楽しみ、さらに、お店など暖かいところに入った際、上着を脱いで、違った雰囲気を出すのも、この時期にしか出来ないオシャレの楽しみ方。

上着を着ているときには隠れていた背中に、ワンポイントある服を選んで、周囲に一目置かれるようなファッションを楽しみましょう。

おわりに

少しの工夫で、薄手の洋服も温かく着こなすことができます。重ね着を上手にして、冬のファッションを楽しみましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110109131633

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る