生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 科学的に「好きになる瞬間」を理解する方法

科学的に「好きになる瞬間」を理解する方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

皆さん、「恋の吊り橋理論」というものをご存知でしょうか。

全く知らないという人も、何となく聞いた事があると言う人も、せっかくの機会なので、しっかりした内容を覚えてしまいましょう。

これは実験を通して実証された、最強の恋する瞬間を生み出すテクニックなのです。

恋の吊り橋理論

この吊り橋理論を最初に発見、発表したのは、カナダの心理学者であるダットンとアロンです。1974年の話なので、比較的新しい学説とも言えそうです。

この二人の学者が、何がきっかけでこんな現象に着目したのかは分かりませんが、手っ取り早く説明すると、こういう事です。

吊り橋のような恐怖心でドキドキする場所で同席した男女は、恋に陥りやすいと言うのです。

実際の観測実験も、吊り橋を使って行なわれましたので「恋の吊り橋理論」と呼ばれるようになりました。

揺れる吊り橋と頑丈な橋のそれぞれに、被験者の男性たちに渡ってもらい、橋の途中で女性に声を掛けさせたところ、揺れる吊り橋を渡っていた男性たちの方が女性に興味をしめす確率が圧倒的に高かったと言うのです。

この現象は、(吊り橋を渡るという恐怖心から生じる)生理的なドキドキ状態を、恋をした時に生じる時めき(ドキドキ)と勘違いしてしまうから発生するのだと説明されています。

つまり、この理論を応用するならば、恋仲になりたい異性がいれば、どこかドキドキするような場所やシチュエーションで接触すれば、うまく恋愛感情に発展させやすいと言う事なのです。

でも、こんな理屈は、今さら科学的に分析しなくても、恋人同士と言うのはすでに知っているものなのかもしれませんね。

デートの場所として、皆さんは、怖いホラー映画とか遊園地の絶叫ジェットコースターなどを好んで、選びます。

それは、ホラー映画やジェットコースターが原因で生じたはずの生理的なドキドキも、相手への愛しい感情に変換する事ができて、普段よりも倍増した熱愛デートができるからなのかもしれません。

おわりに

そもそも、本質的に、人間と言うのは、生理的興奮状態(ドキドキ)を好む生き物なのでしょう。

ドキドキするような対決や賭け行為を楽しいと思います。乱暴な人間や怖い事、悪い事に魅力を感じたりします。そして、平凡な日常や優しいだけの人の事をツマラナイなんて言ったりするのです。

しかし、何よりも人を一番ドキドキさせてくれる楽しい瞬間が、恋に陥る時なのかもしれませんね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/09/06-027478.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110109004558

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る