生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 気のない異性からのアプローチをさりげなくブロックする方法

気のない異性からのアプローチをさりげなくブロックする方法

2011年01月08日作成

 views

お気に入り

はじめに

異性に好かれることは基本的にうれしいことですが、こちらにその気がない場合、困ってしまうこともあります。うれしいのは、やっぱり自分が好きな相手から好意をもってもらうことですよね。

それでも時として自分がよく思わない人から好意をもたれることがあります。あからさまに嫌な顔をして逆恨みされるのも困るので、できればさりげなく距離を置きたいところ。

そこで当記事では、気のない異性から好意をもたれたときさりげなくブロックをする方法を紹介します。

意志ではどうにもできない好みを伝える

どうにもできないというのがポイントです。これからどう頑張っても手に入れることのできない特性を、あなたの動かしがたい好みとして伝えましょう。

外見上の好み

たとえば目が一重の人じゃないと好きになれないとか、これまで好きになった人はみんな鼻が低かったとか、生まれもった部位に関することが一番簡単です。

基本的な方向性として、好意をもってくれている相手が男前すぎるから自分の好みには合わないという風に話をもっていくほうが、相手が嫌な気持ちになりにくいのでおすすめです。

髪が短いほうが好きというような、変えられる箇所に関する指摘は意味がないので気をつけましょう。

家族構成へのこだわり

たとえば付き合ったことがあるのはなぜか末っ子ばかりとか、お姉ちゃんのいる人に惹かれるとか、生まれながらに決まっている家族構成に関する好みを伝えます。

何故かわからないと言うより、末っ子の甘えに弱いというふうに、はっきりした理由を付け加えたほうが効果が期待できます。

どうしても好きになってしまう短所

不貞行為をする人ばかり好きになってしまうとか優しくされるより振り回されたいと思ってしまうとか、自分でもどうしようもない性格上の短所を好みとして挙げましょう。

短所を好みとして挙げながらなら「あなたのような人を好きになればいいと思うけど恋人としては考えられない」と言っても、ひどい発言とは思われにくいのがポイントです。

おわりに

決めゼリフは「自分の好みなのに変えようと思っても変えられない」。こればっかりはどうしようもないことをアピールして、撤退してもらいましょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • F2d6e3f9 b1cc 4231 a9e6 fb148078ed36

本記事は、2011年01月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る