生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ラジオを聴こう!超初心者のためのラジオ基礎知識

ラジオを聴こう!超初心者のためのラジオ基礎知識

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

最近、家で音楽を聴くにはパソコン、という人が増えてきて、ラジオを持っていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、ラジオは音声だけなので、何か作業をしながらでも使えます。その点で、テレビ以上に日常的なメディアと言えます。

そこで、ラジオをあまり聴かない人のために、ラジオの聴き方の基礎中の基礎を説明します。

ラジオの仕組み

ラジオを楽しむには、「基地局から専用の電波を出し、それを専用の受信機で聴く」という形になります。

ユーザーとしては、テレビと似た感覚のものだと捕らえておけば大丈夫です。

ラジオはなにがあれば聴けるの?

ラジオを聴くのはいくつか方法があります。基本的に、機器の購入などを除けば使用料は無料です。

パソコンからラジオを聴く

radiko.jpというサイトがあり、そこでは、パソコン経由でラジオを聴くことができます。アクセスして局を選択して再生ボタンを押せばすぐに聴くことができます。

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで聴く

上記のradikoは、専用のアプリもでています。これらをインストールすればスマートフォンでラジオを聴くことができます。

専用機器を購入する

ラジオ機器は単体でも販売されています。災害用などで未だに重宝されています。インターネットや、家電量販店で数千円で手に入れることができます。

その他

また一般的に、ラジカセやコンポ、カーステレオなどにも組み込まれています。最新のiPod nanoなどでも聴くことができたりします。

何か契約とか必要じゃないの?

ご安心ください。ラジオは、受信できる機器があれば無料で聞くことができます。

どんな番組があるの?

ラジオの番組はテレビと同じく新聞に番組表があります。

ラテ欄といいます。これはラジオ欄、テレビ欄、という意味です。

そこに1日のラジオ番組表と周波数が書いてあるので、それをみて聴きたいラジオを選ぶと良いでしょう。

また、最近ではWebからでも番組表を見ることができます。聴きたい局のWebページへ行ってみてください。たとえば、

のような形で見ることができます。

ところで周波数ってなに?

周波数とはラジオのチャンネルのようなものだと思って下さい。

FM、AM、短波にすべて周波数が割り振られており、同じ周波数がぶつからないようになっています。

実はテレビにも周波数の概念はあるのですが、視聴者にわかりやすくチャンネルという表現をつかっています。

ちなみにTOKYO FMの場合は80.0MHzになります。また、同じTOKYO FMでも八丈になると周波数がことなり84.3MHzになります。

ラジオは周波数が届く範囲でしか聞くことができません。しかし、TOKYO FMのようにキーステーションになっている場合は、同じ番組が複数の地域で聴けることもあります。

周波数ってどう調べるの?

では、その周波数はどうやって調べるのでしょうか。

新聞をとっている方は、ラテ欄(テレビ欄)を見れば周波数と放送局名がかいてあります。

インターネットで調べたい場合は以下をお調べください。

なんか雑音がする / 聴きにくい

雑音がしたり、どうにも聴きづらいという場合は、電波の受信がうまくできていない可能性があります。

以下から対応をしてみてください。

ラジオの楽しみ方

たまに「テレビの音声のみのメディア」と思っている人がいるのですが、音だけという特性を生かして、ラジオの楽しみ方は様々なものがあります。

詳しくは

をご覧ください。

おわりに

ラジオはシンプルながら、ドライブ時や歩いてる時、仕事や家事をしているときなど、「ながら聴き」ができるという非常に楽しいメディアです。

あまりラジオを聴く習慣がない、という人は是非とも試してみてはいかがでしょうか!

関連記事

この記事で使われている画像一覧

  • 20100201104129
  • 20100118154133
  • 20130501173343 5180d3674915a
  • 20100118142256
  • 20100118144740
  • 20100118153940

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る