生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 失敗しない引き出物の選び方

失敗しない引き出物の選び方

2011年01月07日作成

 views

お気に入り

はじめに

結婚式では、引き出物も必要になりますよね。そこで今回は、結婚式で配る引き出物の、失敗しない選び方を紹介します。これから結婚式を控えている人は是非参考にしてください。

失敗しない引き出物の選び方

引き出物の予算を決めよう

まず、引き出物を選ぶ際には、あらかじめ予算を決めておきましょう。引き出物は、披露宴に出席してくださった方々へ最後のおもてなしとしてお渡しするものです。

基本的には皆様に同等のものを出すのが礼節です。人によってあまり差をつけないように一人当たりの価格を決めましょう。

気をつけるのは引き出物本体の他に袋代が200~400円掛かること。まずは引き菓子の予算も込みでトータル金額で予算を立てましょう。

引き出物は、平均で3,700円だそうです。予算を最初に立てて、それに沿った引き出物を選ぶようにしましょう。

ゲストによって引き出物の内容を変えよう

結婚式には、幅広い年齢のゲストが参加します。年代によって喜ばれる引き出物が変わってきます。

最近では年配の方向け、若い男性向け、若い女性向けなど細かく引き出物を分ける場合が多いようです。しかし、引き出物をゲストによって区別する場合は、なるべく大きさを統一させるよう心掛けましょう。

親戚など年配の方には「和食器」が人気です。また、実用的なものの方が好まれます。両親に引き出物については、相談してアドバイスをもらってもよいでしょう。

引き出物を全員に贈らなくても良い

披露宴人数と同じ数だけ引き出物を用意する必要はありません。夫婦や家族で出席される方には合わせてひとつでいいのです。

同じ引き出物をいくつももらっても、必要ありませんよね。お祝儀も夫婦は一名義で頂きますから、引き出物も一つで構いません。

よって、引き出物の数は、招待人数の8割程度の数量でいいのです。多く用意しすぎないように注意しましょう。

おわりに

引き出物は、感謝の意を込めています。ゲストに喜んでもらえるような引き出物を選びたいものですね。

本記事は、2011年01月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る