生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 2人でも盛り上がるトランプ

2人でも盛り上がるトランプ

2013年04月23日更新

 views

お気に入り

はじめに

トランプって、時代、老若男女問わず人気のある遊びですよね。お正月など人が集まるとついついやってしまいます。トランプは数人でするゲームが多いですが、今回は2人でも十分に楽しめる「スピード」というゲームを紹介したいと思います。

用意するもの

トランプ(できれば素材が紙ではなく、プラスチックの物の方が使いやすいと思います)


やり方

STEP1

トランプを赤と黒、2つのグループにわけます。ババは使わないのでぬいておきます。

自分の色を決めます。お互いのカードを交換してよーくきってから、相手にカードを返します。自分の前に4枚の手札を並べます。同じ数字がでた場合は重ねておきます。

STEP2

ここからゲームスタートです。

「スピード」という掛け声で、2人の真ん中に自分から向かって右側にカードを出します。(この真ん中のカードを山といいます)

出したカードの前後の数のカードを、4枚の手札の中からどんどん重ねていきます。(例)5→4→3→4→3→2→1→13 こんな感じでつながる数字をどんどん重ねていきます)

手札からカードを出していくと手札の枚数が減るので、自分の手持ちのカードから、手札にカードを出します。手札は常に4枚になるようにします。

山に出せるカードがなくなったら、また「スピード」という掛け声で真ん中の山にカードを出して、つながる数字を重ねていきます。

どんどんつながる数字を出していって、カードが早くなくなった方が勝ちです。もし、2人とも出せるカードがなくなってしまった場合は、残ったカードの数が少ない方が勝ちです。

おわりに

数字を順番にならべていくという単純なゲームですが、単純だからこそムキになってしまうんですよね。

数字の順番がわかれば、5歳くらいの子どもからできますし、遊びながら数の大小、並び順などを覚えることができて一石二鳥かもしれません。

大人でも結構、夢中になって遊べますよ。ぜひやってみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110107150019

本記事は、2013年04月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る