生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 結婚する前に決めておきたい「お金のこと」

結婚する前に決めておきたい「お金のこと」

2011年01月07日作成

 views

大好きな人との結婚・・・胸躍る出来事ですね。でも、一緒に生活していくうえで、きちんと決めておかなくてはいけないポイントがいくつかあると思います。

今回は、その中でも「お金」について決めておきたいことをご紹介します。

目次

お財布は一緒にする?しない?

お互いに仕事を持っている場合は、独身の時のように、自分の収入の中でやり取りすればいいや、ということも考えられます。もちろん、普段ではそれでも構いませんが、「結婚」することで、家庭としての支出が増えます。

お財布を一緒にする場合

必ず、家計リーダーを決めます。2人ともなんとなく・・・では、貯金はどれだけ残っているのか、ローンは組めるのか、急な出費に対応できるかなど、お金の流れを把握できません。

普段から細かく管理できるに越したことはないかもしれませんが、大まかな流れ、1ヶ月のやりくりなど、夫婦のどちらかが先頭に立って管理しましょう。

お財布を別々にする場合

それぞれの収入の範囲で生活していく場合でも、食費、家賃等の生活費、月々の貯金、急な出費用のお金などは、前もって金額を決め、毎月、決まった日に出し合うようにしましょう。

使っていない銀行口座や新たに口座を作り、そちらに生活費として、お互いに入金してもよいと思います。

お小遣い

お財布を別々にしない場合は、お小遣い制を導入する場合もあると思います。その場合には、交通費や外食代などを考慮しつつ、ちょっと遊べるくらいの金額を設定しましょう。

もちろん、お金に余裕があればいいのですが、そうでない場合は、最初から十分なおこづかいを出していると、貯金や急な出費に対応できなくなります。後々、見直せばいいので、最初は最低限の額から始めましょう。

お小遣い制を導入する場合、月々の稼ぎ等にもよりますが、奥様が専業主婦だった場合も、同じようにお小遣い制にすると平等になります。

家のお金の運用

お財布が同じ場合でも別々の場合でも、ただただ、日々を過ごしているようでは、お金は貯まりませんよね。

広い家に引っ越すかもしれませんし、子どもができるかもしれませんし、もしものことがあるかもしれません。運用方法は、貯金から株、先物取引、FXなどの投資まで色々あると思います。

わざわざ未経験の株をはじめる必要はありませんが、貯蓄の際に、利率のいい銀行を探すだけでも、ほんの少しですが変わってきます。夫婦で話し合い、少しでもお金を増やす方法を決めましょう。
絶対増えるという保証があるものはありませんが、結婚をきっかけに2人で投資について、学んだり試してみるのもよいかもしれません。

おわりに

お金のことは争いにもなりがちなので、結婚する前にどのような方針で進めるか、決めておいた方がよい項目のひとつです。

結婚生活は「なんとなく暮らせればいいや」では乗り切れないこともたくさんありますので、何らかの形でしっかり「管理」をしていきましょう。

本記事は、2011年01月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る