生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 女性の一人暮らしの物件探しのコツ

女性の一人暮らしの物件探しのコツ

2011年01月07日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

女性の一人暮らしなら、安心して住めるところに引っ越したいものです。そんな部屋の物件探しには、いくつかのポイントがあります。

今回は、女性の一人暮らしの物件探しのコツを紹介します。

まず希望する条件をあげてみる

例えば、家賃は手取りの3分の1を超えない範囲と言われており、平均だと、給料の4分の1になります。次に、住みたい地域や通勤時間がどのぐらいまでなら大丈夫かを考えます。

実際に不動産屋と物件を見に行くときの注意

条件が決まったら、次に不動産屋に行き、条件にあう物件を選んでもらい、実際に見に行きましょう。

女性でしたら、オートロック付がいいと思いますが、これだとかなり家賃があがってしまいます。窓にシャッターをつけたり、全てのドアと窓を二重鍵にできないか、聞いてみましょう。

できれば、3階より上がお薦めです。また、TVモニター付のインターホンもあれば、防犯対策になります。

建物を外からも見る

内見はもちろんですが、ベランダに出たり、外からも部屋の方を見るようにしましょう。外から覗かれたり、泥棒が侵入できるような足場や台などがないか、注意してチェックしましょう。

チェックは昼だけじゃなく、夜も

実際に物件を見に行くのは、日中がほとんどですが、夜もチェックする必要があります。駅やコンビニからの帰り道の人通りや明るさ、夜になると、部屋の周辺がどうなるか、きちんと調べておきましょう。

近隣に住む人や大家さんもチェック

今は個人情報の問題があり、あまり隣の人について聞くことはできませんが、大家さんなどにどんな人が住んでいるか、聞いてみましょう。

また、大家さん(管理者)自体も、どこにいるか聞いてみましょう。いざというときの連絡先になるので、要チェックポイントです。

隣の人に詳しく聞けなくても、ゴミ捨て場や駐輪場などを見ると、なんとなく住んでいる人の様子は垣間見ることができます。できれば、近隣とのトラブルは少なくしたいところですよね。

おわりに

一人で落ち着ける場所なのですから、安心して、ゆっくりしたいものです。素敵な部屋が見つかるといいですね。

IMAGE:/r/20110106/20110106110901.jpg

この記事で使われている画像一覧

  • 20110106110816

本記事は、2011年01月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る