\ フォローしてね /

神式の通夜祭と遷霊祭の流れ

このライフレシピのもくじたたむ

神式の通夜祭と遷霊祭についてご紹介します。

神式の通夜祭と遷霊祭の流れ

1.手水の儀

手を荒い、口をすすいで身を清めます。

2.一同着席

3.拝礼

斉主(さいしゅ)が故人に一礼し、一同もこれにならいます。

4.饌(せん)を供える

楽を奏で、斉員(さいいん)が故人のすきな饌(たべもの)を供えます。

5.祭詞奏上(さいしそうじょう)

斉主が祭詞を唱えます。故人の経歴や人柄も紹介されます。

6.誄歌奉奏(るいかほうそう)

伶人によって、故人の霊を慰める楽が奏でられます。参列者は静かに聞きましょう。

7.玉串奉奠

斉主、喪主、遺族、親族、弔問客の順に、玉串を祭壇に捧げ、二礼二拍手一拝します。

8.斉員が供物を下げます

ここから遷霊祭になります。

9.明かりを消します

暗い中で行われるので、部屋の明かりを消します。

10.御霊を「れいじ」に移します

故人の肉体から御霊を移す儀式です。

11.御霊を仮霊舎に安置

覆いかぶせて仮御霊舎に安置します。終えたら部屋の明かりをつけます。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。