生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 久しぶりの友達と連絡をとるポイント

久しぶりの友達と連絡をとるポイント

2012年08月21日更新

 views

お気に入り

はじめに

以前はとっても仲良しだったけど、しばらく連絡をとっていないと何となく連絡しにくいな・・・ということもありますよね。

そんな時に、スムーズに連絡をとるためのポイントをご紹介します。

ポイント1:まずはメールで

久しぶりの友達にいきなり電話だと、相手が覚えていなかった場合に気まずい空気になってしまいがち。

また、相手の今の生活様式、生活パターンがわからない場合、電話していい時間もつかめないでしょうから、久々の連絡はメールが無難です。

相手のアドレス帳からあなたのアドレスが消えている可能性も考えて、件名には「○○です」と名前を入れるようにしましょう。

ポイント2:メルアドがわからない場合

メールしてみたら返ってきてしまった、相手のメールアドレスがわからないなどの場合。この場合は、電話番号がわかるのなら電話してみましょう。

いきなり電話することについて「メール送ったら返って来ちゃったから」といういいわけがあるので、少しですが電話することへのハードルが下がりますよ。

ポイント3:電話番号もわからない場合

電話番号も変わっていた場合にお勧めしたい方法は2つあります。

実家に電話する

一人暮らしの電話や携帯と比べて、実家の電話番号は、比較的変わりにくいものです。もし実家の番号がわかるのなら、実家にかけてみるのがお勧めです。

「○○さんと△△で親しくしていただいていた××と申します。○○さんと連絡を取りたいのですが」ときちんと挨拶して、今の連絡先を聞きましょう。

何かの勧誘、営業を疑って教えてもらえない場合もあると思いますが、その場合は「××が連絡を欲しがっていたとお伝えいただけますか?」と自分の連絡先を伝えましょう。

手紙を書く

イマドキ手紙?!と思うかもしれませんが、住所さえわかれば50円で相手に連絡を取れる確実な方法です。

手紙のあて先は、現住所の検討がつかない場合なら、実家の方が無難かもしれません。

現住所のひとつ前の住所までなら、引っ越し時期によっては転送してもらえますが、それより前だと「宛てどころにたずね当たりません」とされて返ってきてしまいます。

その点実家なら、家族が本人に連絡を取ってくれる可能性が高いですよ。

ポイント4:それでもダメなら

人によっては手紙を書くなんて柄じゃないとか、家族を絡めたくないという人もいることでしょう。

そんな場合にお勧めなのは、とにかく知人を辿って行くことです。世間は意外とせまいもの。人を辿っていったら意外な線でつながったということは、よくあるのではないかと思います。

共通の知人を思い出して、そのうちの誰かに「最近○○と連絡取ってる?」と聞いてみたり、「また○○と飲みにでも行きたいな」と話しておいたり。

うまく行けば、連絡を取りたい友人と、今も親しく付き合っている人にめぐり合う可能性もあります。

おわりに

久々のともだちと上手く連絡がついて、楽しい時が過ごせますように。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110106133939

本記事は、2012年08月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る