生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 人事担当が教える!志望動機の書き方

人事担当が教える!志望動機の書き方

2011年01月06日作成

 views

就職活動(就活)を行う中で一番最初に乗り越えなければならない関門が履歴書やエントリーシートに書く志望動機(志望理由)ではないでしょうか?

「力作!」なんて思っていた志望動機に限って不採用だったり、「なぜ?」という場面も多いはずです。

それは会社のニーズとあなたの志望動機の間にギャップが生じているということがもっとも大きな原因です。志望理由には会社が求めることを書かなければ採用にはいたりません。

今回は志望動機を書くコツや方法などを例文を交えながらご紹介します。最後におまけとして「採用される証明写真の撮り方」もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ポイント1:志望動機=会社の指針

志望動機で聞きたいことは、実は応募者の志望動機ではありません。応募者が当社に何を見出したかです。

「何をやりたいから、御社を志望しました」という内容において、自分自身のやりたいことに特化していては、「それは勝手にやってくれ」というのが採用側の本音です。

それよりも聞きたいのは、当社の仕事の何に惹かれたのか、それが会社の目指すものと一致していれば、合格です。

会社のWebサイトを隈なく読む

会社のWebサイトにある「社長のコメント」「社員の声」「事業内容」などは隈なく読んでおきましょう。Webサイトはその企業が「何を売りにしたいのか」ということに対するヒントがたくさんあります。

会社説明会は必ず参加する

会社説明会には必ず参加しておきましょう。「どんな人材を求めているのか」ということを把握しておくことが大切です。

ポイント2:自己PR=入社したら何をしてくれるのか

自己PRはあなたの経歴や活躍を知りたいわけではありません。入社したら、どんな活躍をしてくれるのかを知りたいために聞いています。過去の経歴や活躍は、具体例であってPRではないのです。

良い例

Aという事業において、A’という特性があるため、自身のA’’という経験を生かし、Aに携わりたい。

「A’’」の経験の具体例として、サークルやバイト活動等の活躍歴が生きてきます。

悪い例

私はA''という経験をしてきたので、責任感と行動力があります。

自分の特長をどのように会社に還元できるのかをアピールできなければ意味がありません。

ポイント3:大学で研究している内容や職歴=ポテンシャル

研究内容や職務履歴が会社の業務内容と一致している場合は少ないかもしれません。しかし、会社が知りたいのは研究内容などを仕事で活かせるかではなく「あなたがどれだけ1つの物事に熱心に取り組んできたか」というポテンシャルです。

例えば

  • 忍耐強さ
  • 積極性
  • 協調性
  • 仕事の緻密さ

などがあります。どれだけ素晴らしい研究をしたり重要な仕事をしてきたかではなく、どれだけ自分が熱心に取り組んだかをアピールしましょう。

おまけ:履歴書の写真の撮り方

良い履歴書写真ってあるの?

これは顔の良し悪し(美人かどうか)ではありません。表情が活き活きしているかです。美人であっても、どこか不穏なオーラが出ている人は、残念ながら不採用です。

不思議なことに毎月100名の方を選考した統計で、顔で選んだ結果と志望動機の内容を吟味した結果が一致しました。素敵な表情の方は、書類の内容も良いです。

良い写真の条件

  • 目はぱっちり開く
  • 口角を上げる
  • 前髪は顔にかからないようにきっちりと留めておく
  • 襟元が乱れていると目立つのできちんと整える

おわりに

このように履歴書やエントリーシートに書く志望動機(志望理由)はとても大切なものです。また、書類選考に合格したあと面接でも聞かれる可能性が高い項目ですので、しっかり書き方などもマスターしておきましょう。

不採用であった結果について、あれこれ原因について気を揉んで自己嫌悪や鬱に陥る人が多いですが、全ては、マッチorミスマッチで採用を決めています。

もし不採用になってしまった場合は、あなた自身が否定されたのではなく、あなたが会社を全て受け入れきれていなかった、ということなのです。

困難な就職活動戦線、うまく志望動機を考えて乗り切ってください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110106042540
  • 20110106035055

本記事は、2011年01月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る