生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 時間を節約するための2つの基本テクニック

時間を節約するための2つの基本テクニック

2011年01月05日作成

 views

お気に入り

はじめに

「時間がない!」「1日が30時間あったらいいのに…」というフレーズが口ぐせになっていませんか。効率よく仕事をしているはずなのに、気が付いたら大切な予定を忘れていたり、期限が迫っているものを後回しにしてしまうこともあります。

そうなると余計に時間を浪費してしまいますね。そこで今回は、時間を節約して本当に仕事の効率を上げるために役立つ2つの基本的なテクニックをご紹介します。

時短生活を極めるコツ

1:リストを作る

まず、ノートやメモ帳などにするべきことを書き出してリストにしていきます。書いている間に「この中で一番大切な(または急ぎの)用事はどれだろうか」と考えながらリストを完成させましょう。

そして、優先順位の高いものから順に番号を振ります。何からしなければならないかをはっきりさせるために、自分の手で書き、目で見ることが大切です。

今はほとんどの携帯電話にスケジュール帳やto doリストがありますが、登録した時点で安心してしまうかもしれませんので、今回はアナログな方式をおすすめします。

2:タイムテーブルを作る

これも手作業で、白い紙を横長に置いて上のほうに1本横線を引きます。等間隔にしるしをつけ、時間を記入していきます。その下に今日は何時までに何を終わらせるかを書いていき、タイムテーブルを完成させましょう。

重要なものは赤いペンで書いたりマーカーで目立たせたりします。どこかに行く予定があればその行き先や家や会社を出る時間も目立つように書いておきましょう。

自分の机の上や前に置いて、いつもタイムテーブルを意識しながら作業をしましょう。ある程度のストレスや緊張感はかえって仕事の効率を上げてくれます。

おわりに

本当に基本的な2つのテクニックですが、忙しさにかまけて実は忘れていることが多いかもしれません。優先順位と期限の時間をしっかり頭に入れておけば、効率よく作業して時間を節約することができるでしょう。

本記事は、2011年01月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る