生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ズボラさんのためのお弁当作りを長続きさせるコツ

ズボラさんのためのお弁当作りを長続きさせるコツ

2011年01月05日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

新しくお弁当作りを始めたい人、今も家族や自分のために弁当作りをしている人、いろいろな人がいると思いますが、毎日弁当作りを続けるのは大変ですよね。

今回は、ズボラさんのためのお弁当作りを長続きをさせるコツを紹介します。

お弁当はご飯+メイン+副菜2品ぐらいを心がける

おかずをいっぱい作ろうとすると大変です。ご飯+メイン+副菜2品ぐらいを心がけましょう。また、品数は少なくても、彩りの基本(赤・黄・緑)をおさえるときれいに見えます。

メインは肉・魚などで、これは前の日の晩に作ったおかずか、冷凍食品を使いましょう。これで、朝の準備時間はほとんどなくなります。

副菜は、玉子焼き、プチトマト、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラなどを使うようにしましょう。ここで、彩りの基本(赤・黄・緑)を考えると見た目はすごくきれいになります。温野菜なら、レンジを活用すれば、すぐにできます。

ちょっと豪華にしたいときは、混ぜご飯の素を使ったり、チラシ寿司の素を使って、海苔をかけると、手間がかかっているように見えます。

一品料理でもOK

毎日気合を入れて作っていると、弁当作りに疲れてしまいます。ですから、週に1~2回は手を抜きましょう。

前の晩に作った一品料理+フルーツか生野菜か温野菜にすれば、調理時間はほとんどかかりません。例として、オムライス、カレー、親子丼、焼きそば、鶏そぼろの二色丼などがあります。

また、サンドイッチなら、見栄えもしますし、調理時間も短くなります。サンドイッチでも、使うパンを食パン、ベーグル、フランスパンなどにすることで、変化も出てきます。

おわりに

以上がズボラさんのためにお弁当作りを長続きさせるコツです。料理を作るのが面倒くさいという人は、かわいい調理器具やお弁当箱を使ったり、料理自体を楽しめるようにしましょう。

携帯などで、お弁当の写真をたまに撮るなど、他のところに楽しみを求めるようにしてもいいかと思います。

IMAGE:/r/20110105/20110105105806.jpg

この記事で使われている画像一覧

  • 20110105105738

本記事は、2011年01月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る