\ フォローしてね /

面倒な毎日のお弁当を簡単に作るコツ

はじめに

子供が中学生くらいになり、毎日弁当が必要になったり、会社などに弁当を作って持たせるような場合は毎日朝から料理する必要があります。

毎日ともなるとすごく面倒だし、献立などを考えるのもすごく面倒な場合があります。そんなときでも簡単に毎日の弁当を作ることができるようになればうれしいでしょう。

そこで、面倒な毎日のお弁当を簡単に作るコツを紹介します。

面倒な毎日のお弁当を簡単に作るコツ

ローテーション部分を作る

毎日おかずを考えているとすごく面倒になってきますし、それがストレスになることもあります。ある程度ローテンションでまわせるようなものを決めておくと、作り置きや買い置きなどができるようになるので予算も時間も節約できて便利です。

3つくらいのパターンでローテーションを作っておくと、その他の組み合わせから不自然さもなく安心です。

ローテーションが手間を減らしてくれる。

定番料理を決める

絶対入れる定番のおかずを1つ決めておくと便利です。

できれば作りおきできるようなものだったら毎日作らずに済むようになり弁当がだいぶ簡単になります。

特別なおかずではなく、漬物や福神漬けのようなもので弁当のおかず部分の一部を埋めることができるようなものがいいでしょう。

野菜を入れる

トマトやキャベツなどをおかずの横に入れるようにするとほとんど調理することもなく弁当の多くの部分を埋めることができるようになります。

肉などを中心にした弁当ではなく、野菜中心のヘルシーな弁当にすると予算と時間を節約できるようになります。

ヘルシーが一番簡単です。

おわりに

面倒な毎日のお弁当を簡単に作るコツを紹介しました。あまり代わり映えのしない弁当になってしまいますが、それでも弁当にはあまり変化を期待していない人も多いので大丈夫でしょう。

なにか誕生日など特別なときには、特別な弁当にするとまた違った喜びを与えることができると思います。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。