生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 手軽にできる防犯対策の5つの方法

手軽にできる防犯対策の5つの方法

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

防犯に対して意識をしていますか?

警視庁によると、平成21年の都内における侵入窃盗の認知件数は1万件を超えるそうです。こそ数字からみても、日頃からの防犯対策がいかに大切であるかがわかります。

防犯対策としては、セキュリティー会社と契約する方法や、ドアや窓に補助錠をつける方法等がありますが、どれも高い費用がかかってしまいます。

そこで今回は、極力お金をかけずに手軽にできる防犯対策をご紹介します。

ポイント1: 新聞や郵便物をためない

郵便物や新聞を郵便ポストに溜めるのはやめましょう。泥棒や不審者に「留守です」と、知らせていることと同じです。

新聞や郵便物は依頼すると、配達をストップして一定期間保管してもらっておくことが可能です。是非活用しましょう。

ポイント2: 家の周りに砂利を敷く

一軒家の場合、家のまわりには砂利を敷いておきましょう。砂利は踏むと音がするので、泥棒や不審者の侵入が音でわかります。

また砂利を敷いておくと、雑草が生えにくいのでまさに一石二鳥です。

ポイント3: 家の見通しを良くする

家の庭木や塀は家族のプライバシーを守る効果がありますが、同時に不審者などの進入を外部からわかりにくくしてしまうこともあります。

プライバシーを守りながらも、外からの見通しをある程度良くしておきましょう。人を感知すると自動的に光るセンサーなどを設置するのも効果的です。

ポイント4: 家の周りを整理しておく

家のまわりに、脚立てなどを放置していませんか?脚立やバケツ、植木鉢などは、不審者や泥棒が侵入をする際の足場になってしまいますので、片付けておきましょう。

ポイント5: 近所の人との交流を深める

近所の目は最大の防犯対策になります。日頃から近所の人との交流を深め、留守の際には一言声をかけておくことも良いでしょう。

おわりに

「このくらいなら大丈夫」という気の緩みが、大きな後悔になるかもしれません。大切な資産を守るためにも、日頃から防犯に対しての意識が大切です。

明日からの防犯対策にお役立て下さい。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110105090733

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る