生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3. 本当の趣味の見つけ方

本当の趣味の見つけ方

2011年01月05日作成

 views

はじめに

若い頃、ひたすら働き続けて、やがて定年になって、ピタリと仕事をやめた人の中には、その状態になって、はじめて自分には趣味らしいものがない事に気付いて、時間をもてあまし、後悔するケースも多いようです。

だからこそ、若いうちに自分の趣味をしっかり見つけておく事は大切なのかもしれません。

趣味って何だろう?

いやいや遊ぶのは趣味じゃない

自分の趣味を作りたいという目的で、テキトーに友達の趣味に付き合ったとしましょう。その内容は何でもいいです。釣りだろうと、囲碁・マージャンだろうと、スポーツだろうと、パチンコだろうとです。

でも、一緒に遊んで、楽しめたでしょうか。付き合いだからとか、自分の趣味にしたいからとか、そんな理由付けをしながら、自分をごまかしたりはしていませんか?

もし、そうだとすれば、それは本当の自分の趣味ではないのです。趣味と言うものは、他人の目を気にして行なうものではなく、まず自分が楽しいと思えるものであるべきなのです。

子供の頃の夢

誰もが、子供の頃は色々な夢を抱いていたはずです。スポーツ選手になりたいとか、宇宙の研究をしたいとか。

ほとんどの人は、成長してゆく過程で、それらの夢は挫折して、違う仕事、違う未来を選んだ事でしょう。でも、幼い頃に抱いた興奮はまだほんのりと覚え続けているはずです。

実は、この熱い思いこそが趣味の原動力なのです。

かなりの年長者であるにも関わらず、怪獣映画だとか子供っぽいアニメが好きで、それらを自信を持って自分の趣味と呼んでいる人たちが沢山います。

彼らの事を笑ったり、呆れたりしてはいけません。彼らの方が、本当は、小さな頃の熱い気持ちを忘れない、素晴しい趣味の持ち主なのかもしれないのです。

おわりに

しかし、中には、こんな子供の頃のはじけた夢さえ満足に持たずに生きてきた人たちもいます。

将来の望みを大きく定めず、平凡な会社員や主婦になる事を目指し、実際にその未来を予定どおりに手に入れてしまったような人たちです。

そんな人たちが、いつしか自分の趣味が分からない人間になってしまうのかもしれません。

だけど、彼らだって、十分幸せだと思います。何しろ、子供の頃の夢をしっかり実現できたのですから。もしかすると、夢を趣味にしかできない人たちよりも、ずっと幸せ者かもしれません。

私の趣味は、自分の人生(仕事や家族との生活)全てです。

そんな風に本当に言える人って、かっこいいですよね!

本記事は、2011年01月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る