\ フォローしてね /

電車内で痴漢にあわない方法

はじめに

毎日、電車通勤・電車通学をしている方は多いと思います。男女様々な人が利用する交通機関であるだけあって、中には良からぬ事を考え、行動に移す人もいますよね。

その最も多い電車での問題が痴漢という卑劣な行為であると思います。痴漢にあうととても嫌な感じがするだけでなく、また電車を利用する事が怖くなってしまいます。

電車内で痴漢にあわない方法をご紹介致します。

電車内で痴漢にあわない方法

女性専用車両に乗る

電車の種類や時間帯に寄りますが、一番混む時間帯には、女性専用車両が用意されている電車があります。

そういう電車に乗る事が出来る場合は、なるべく女性専用車両を利用するようにしましょう。男性は全くいないので痴漢にあう可能性はゼロになります。

女性が乗っている場所に移動する

男女入り混じって、満員電車に乗らなければならない場合は、乗る時に女性の乗客がいる所に向かって移動しましょう。周囲が男性ばかりになる状態は避けましょう。

すぐ側に女性がいれば何かあった時に助けを求めやすいでしょうし、身体を回転させて女性側に背中を向け、男性側を向き、間に鞄などを挟んで身体の密着を防げるように出来ます。

扉付近は避ける

痴漢をする人はすぐに逃げられるように電車の扉付近にいると思います。もし声をあげられそうになった時に、駅に着いたときにすぐに逃げられるからです。

ですから、電車の扉と扉の間付近、奥の方に乗る事をお勧めします。そこならば、痴漢をしようとしている人はほとんどいないと思われます。

おわりに

ちょっと気をつけるだけで、痴漢にあわないようにすることは出来ると思います。安全に、そして気分良く電車を利用できるようになって下さい。

痴漢をする人はホームにいる時から、痴漢する女性を選んでいるようです。

ですから、電車に乗り込む前から、ホームでおかしな行動(きょろきょろと辺りを見回しているなど)をしている人は要注意です。

また、深夜など、酔っ払いが多い時間帯を避ける事も大事です。酔っ払ってついつい・・・と言い訳をする痴漢もいるからです。

自分の身は自分で守るようにしましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。