生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 試験勉強や資格のために英単語を覚える方法

試験勉強や資格のために英単語を覚える方法

2011年01月05日作成

 views

英語の勉強をするのに、英単語を覚えるのは欠かせません。しかし、なかなか覚えられない人も多いのではないでしょうか。

今回は、試験勉強や資格のために英単語を覚える方法を紹介します。

目次

覚えようとしている英単語の文を考える

単語だけ覚えようとしても、なかなか覚えるのは難しいです。まずは、英和辞典(電子辞書でもいいですが、例文が少ないかもしれません)か用語集で、その英単語を使った文を覚えるようにしましょう。

更に、自分でもその英単語を使った文を3つぐらい考えてみましょう。

ただ単語だけを覚えるだけでなく、いろいろな使い方を覚えておくことで、イメージで覚えることが出来るようになってきます。単語の意味を忘れても、覚えるときに作った文から、記憶をよみがえらせることができることもあります。

一つの単語から派生させて覚える

ちょっと例を出します。「熱心」は「eagerness」、「熱心な」は「eager」、「熱心に」は「eagerly」のように、1つの単語の派生語を覚えるようにしましょう。接尾語や接頭語を覚えておけば、かなり効率的に覚えることができます。

接頭辞
接尾辞

一回覚えても忘れてしまうので

一回で多くの英単語を覚えるのは難しいです。覚えても次の日には忘れてしまうことも多いのではないでしょうか。次の日にもう一度チェックし、更に1週間後にもう一度チェックして、何回もローラーをかけるようにしましょう。

書いて、口に出して、歩いて

高校の先生がよく言っていました。ただ覚えようとしても、なかなか頭に入りません。英単語を覚えるときは、
- まず英単語の意味を確認して、口に出して言う
- 口に出して言いながら、何回も書く
- いくつかの英単語を上の2つのやり方で覚え、最後に歩きながら、口に出して、そこまで勉強した英単語と意味を暗唱する
脳のいろんな部分を使いながら覚えられるので、記憶に強く残り、なかなか忘れないそうです。

おわりに

どうでしょうか。ぜひ試してみてください。私もTOEICの試験の前は、学生時代の習慣でトイレに英単語を貼っています。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110104223730
  • 20110104224206

本記事は、2011年01月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る