生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 一緒にいるだけで電気代を節約する方法

一緒にいるだけで電気代を節約する方法

2011年01月04日作成

 views

毎月ポストに入っている電気代の明細表。これを目にする度に「ハァ…。」と思わずため息が出る方も多いのではないでしょうか。特に夏冬は冷暖房機器を頻繁に利用するので、びっくりするぐらいの電気代を請求されることもあります。

そこで今回は、「家族で電気代を節約する方法」をお伝えします。

目次

節約法その1:昼間は日当たりのよい部屋で過ごす

最近のマンションは南にリビングがあり、大きな窓で日当たり良く設計されている部屋が多くなってきています。そこで、昼間お家で過ごす場合は、できるだけ日当たりのよい部屋で過ごしましょう。電気をつける必要がないので電気代を節約できます。

また、冬は日当たりが良い部屋で過ごすと幾分温かいので、暖房機器の設定温度を低くして電気代の節約につなげることができるでしょう。

カーテンは、外からの光を取り入れつつ部屋の中が外から見えないミラーカーテンがおススメ。ミラーカーテンは断熱効果があるので、夏冬の冷暖房機器の電気代を節約することも期待できます。

節約法その2:家族全員リビングで過ごす

家族全員が家の中にいるのに、全員違う部屋にいることはないでしょうか。

各々が違う目的(例えば、勉強する、寝る、食べるなど)があり、そのため違う部屋にいなければならない場合は別ですが、家族全員同じテレビ番組を見ているのに違う部屋で見ていることもあるでしょう。

これはテレビにかかる電気代だけでなく、各部屋で使用している照明、冷暖房機器にかかる電気代も二重三重にかかり、非常に無駄遣いをしていることになります。家族全員ができるだけリビングで過ごすことで、電気代を節約していきましょう。

家族全員が一か所の部屋に集まることで、コミュニケーションも生まれるでしょう。

節約法その3:テレビは必要な時だけつける

朝起きたらすぐにテレビを点け、寝るまでテレビは点けっぱなし(もしくは点けたまま寝てしまっている)の方も多いのではないでしょうか。28インチのテレビの場合、1日1時間テレビを消せば、年間で電気量40.84kWh削減することができ、約940円電気代が節約できるというデータもあります。

テレビは点けっぱなしにしていたら見てしまいがちですが、点けない習慣をつければ案外すぐに慣れてしまい、テレビがなくても家の中で過ごせる様になるものですよ。

テレビを長時間見なくなるとその空いた時間で何ができるか考えてみましょう。テレビの見すぎは電気代だけでなく時間も無駄にしているかもしれません。

気長に続けて効果を実感しよう!

電気代に限らず伝熱光熱費は、日々成果がわかりにくく1カ月、1年経ってやっと効果が現れてくるので節約できているのかどうか実感しにくいものです。しかし毎日の積み重ねが大切で、節約を意識して行動したか否かで確実に数年後は金額として成果が現れます。

そして電気代を節約するための行動は節約だけにとどまらず、人とのつながりや時間を大切にする行動でもあるのです。家族全員で電気代節約に取り組むことは、日々の生活を有意義に過ごすことでもあると言っても過言ではないかもしれません。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 49e2b77d c666 4c41 b2a3 e5323f4fc64d

本記事は、2011年01月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る