生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 季節の変わり目の気温の変化にうまく対応するコツ

季節の変わり目の気温の変化にうまく対応するコツ

2011年01月04日作成

 views

お気に入り

はじめに

四季のある日本は季節の移り変わりを楽しむことができますが、それだけ気温の変化が大きいともいえます。上手に対応できないとすぐに体調を崩してしまいますね。

そこで今回は、季節の変わり目の気温の大きな変化にうまく対応するための3つのポイントをご紹介します。

季節の変わり目を上手に乗り切るコツ

普段着る服に気をつける

出かける前は寒かったのに日中は暑いぐらいで困ったとか、朝は暖かいと思ったのに帰るころにはとても寒かったとか、季節の変わり目は着る服に苦労しますね。

そこで、気温の変化に合わせて脱いだり着たりできる服装を心がけるようにおすすめします。それぞれの季節感に合わせた素材で薄手の上着を用意すると良いでしょう。

「荷物が増えるから」といってここで面倒臭がってしまうと、気温に合わせた服装ができず体調を崩しやすくなります。

ふとんに気をつける

次にチェックしたいのはふとんです。室内の温度はそれなりに安定してはいますが、夏から秋にかけては急に夜冷え込むこともあるので、夏用の寝具では寝冷えしてしまうでしょう。

窓を開けたまま寝る時などは特に、すぐ手の届くところに1枚余分にかけるものを用意しておくと、夜中や明け方に寒くなった時にすぐ対応できます。

暖かくなり始めているのにずっと毛布などを重ねていると、変に寝汗をかいたりふとんを無意識に蹴飛ばして逆に寝冷えをすることもあるのでやはり要注意です。

クリーニングに出してからしまう

これは常識ですが、家で洗濯できない服は衣替えの前に必ずクリーニングに出しましょう。おしゃれ着洗い用の洗剤もたくさん販売されているので、時間に余裕があれば家で洗うことももちろん可能です。

次のシーズンに取り出した時に色や風合いが落ちていたり、目立つ所に思わぬしみがあったりするとがっかりしてしまいます。そうならないために、クリーニングのひと手間とお金を惜しまないようにしましょう。

クリーニング屋から戻ってきたときに服を包んでいるビニールは必ず取り外しましょう。ホコリよけになるような気がしますが、薬液が蒸発してしみになることがあります。

おわりに

ほんの少しの心がけで、季節の変わり目でも体調を崩すことなく乗り切ることができます。温度の変化を楽しむこともできるようになるでしょう。ぜひ試してみてください。

本記事は、2011年01月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る