生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 引ったくりに遭わない方法

引ったくりに遭わない方法

2011年01月04日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

失業率も依然高く、引ったくりの犯罪もなかなか少なくなりません。誰でも被害者になりうるので、普段から注意が必要です。

今回は引ったくりに遭わない方法を紹介します。

引ったくりが狙うのは

引ったくりが狙うのは、女性がほとんどです。年配の女性を狙うことが多いですが、若い女性もよく狙われています。

特に、夜間の仕事からの帰り道で被害に遭うことが多いようです。また、ATMなどでお金をおろした後も狙われることが多いので、小まめに回りや後ろを見ながら移動するようにしましょう。

犯行手段の多くは、バイクや自転車に乗った二人組みが後ろから追い越しざまにひったくることが多いです。

徒歩の場合

バックを車道側に持って歩かない

バックを車道側に持つと、後ろや前から来たバイクや自転車からバックを取りやすくなってしまいます。バックは車道側に持つか、胸に抱えるようにしましょう。

夜間出かけるときは、できるだけ肩がけカバンを持つようにしましょう。

携帯で話したりメールをしたりしながら歩かない

携帯で話したりメールをしたりのながら歩きは格好の餌食です。常に周辺に気を配るようにしましょう。

できるだけ人通りの多い明るい道を通るようにする

夜間に出かけたり、家に帰るときは、人通りの多い明るい道を選んで帰るようにしましょう。人が多いところでは、犯人も引ったくりをしにくいです。

また、後ろから来るバイクは、振り返って確認するようにしましょう。特に、二人乗りのバイクには注意するようにしましょう。

自転車に乗る場合

自転車の前のかごに荷物を入れない

自転車のかごにカバンを入れるときは、引ったくり防止用のカバーやネットを使うようにしましょう。また、カバンの持ち手の部分をハンドルに巻きつけておくのも効果があります。

カバーやネットがない人は、雑誌や大きいタオルなどをカバンの上に置くようにしましょう。

おわりに

以上が、引ったくり対策です。普段から周りをよく見て歩いたり、自転車に乗ったりするようにしましょう。

IMAGE:/r/20110102/20110102021825.jpg

この記事で使われている画像一覧

  • 20110102021723

本記事は、2011年01月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る