生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 女性の一人暮らしで犯罪に巻き込まれないために気を付けたい3つのこと

女性の一人暮らしで犯罪に巻き込まれないために気を付けたい3つのこと

2011年01月04日作成

 views

強盗や性犯罪、ストーカーなど一人暮らしの女性を狙った犯罪が後を絶ちません。

そこで、当記事では、女性の一人暮らしで犯罪に巻き込まれないために気を付けたい3つのことについて解説します。

目次

その1:インターホンに出ない

一人暮らしの女性は、インターホンには極力出ないことをお勧めします。宅配便を装った強盗被害のような犯罪以外に、押し売りまがいの勧誘の被害に遭うおそれがあるからです。

人付き合いが盛んな家庭出身の女性の場合、インターホンに出ないことに罪悪感を感じることもあります。でも、身を守るためにはやむをえません。

テレビ付インターホンがあると安全ですが、もしない場合には、ネット通販などで宅配を頼む際に、必ず配達時間指定をして、指定時間以外にはインターホンには出ないなど、工夫しましょう。

その2:個人情報の廃棄に注意する

ストーカーまがいの危険人物が、あなたの出すゴミを狙っている可能性があります。携帯代金の通知書など、あなたの個人情報が書かれたものを処分する際には、十分に注意しましょう。

手で細かくちぎったり、はさみで切り刻んでもいいですが、シュレッダーがあると便利です。シュレッダーは、縦方向にしか裁断しない「ストレートカット」式のものより、裁断が細かい「クロスカット」式のほうが安心です。

コクヨS&T デスクサイドシュレッダー スノーホワイト KPS-X80W

その3:緊密に連絡をとる

一人暮らしの女性が行方不明になり、その後死体となって発見されるといった痛ましい事件がよくあります。

万一、あなたが事件に巻き込まれても、誰かが気づいてすぐに通報できるように、周囲の人間との連絡は緊密にとるようにしましょう。

毎日の連絡は身近な友人や彼氏でもいいですが、実家にも週1度くらいは連絡するようにすれば、家族を安心させることができますよ。

おわりに

いかがでしょう。女性の一人暮らしで犯罪に巻き込まれないために気を付けたい3つのことについてご理解いただけたでしょうか。

当記事が、あなたの一人暮らしのヒントになれば幸いです。

本記事は、2011年01月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る