生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 本当にこの人と結婚する?を見極める方法

本当にこの人と結婚する?を見極める方法

2011年01月04日作成

 views

大好きな恋人といずれは結婚したいと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、結婚を意識したときに「本当にこの人が結婚相手で大丈夫なの?」という疑問を解決する方法をご紹介します。

目次

「好き」という気持ち

「好き」という気持ちは、だんだん変化することが多いと思います。とにかく盲目的に大好き!だった気持ちが、一緒に住んでいくうちに、相手の色々な面を発見し、受け入れ、男女から父と母や家族という存在に変化します。

もちろん、好きという気持ちを死ぬまで持ち続けられるご夫婦もいると思いますが、そうでない夫婦もいます。安心感があることで、「必死」な気持ちが消えたり、子どもの誕生で変わることもあります。

「好き」の気持ちは変化する。盲目的な恋心を続けたいと思っているときは、冷静になる時間が必要。変化をさせないために努力をするか、変化を受け入れるか。「変化」は悪いことではないことも理解する。

自分の人生における変更点

彼や彼女と結婚するとどんなことが変わりますか?特に女性は、仕事をやめる、働き方を変えるなど、仕事に関しての変更点があるかもしれませんし、出産を考えるならば、子育てで、今までより自由度が減るかもしれません。

でも、結婚しても、お互いの人生は尊重されるべきだと思います。例えば、仕事を続けたい女性が「仕事は辞めて欲しい」という男性と結婚すると、後に後悔をして、喧嘩の時などに持ち出してしまうかもしれません。

自分の人生の変更点を受け入れられるか、または相手に受け入れてもらえるのか、結婚前に確認する。あまりにもギャップがありすぎると、後々の不満になる可能性がある。お互いの人生設計を共有できるかどうか。

金銭感覚

よく金銭感覚が違うと、一緒にやっていくのが難しいと言われます。結婚をするということは、今までと同じやり方ではうまくいかないこともたくさんあります。お金についての考え方を、確認しましょう。

自分の趣味ばかりにお金を費やすのをやめられますか?相手のお金の使い方を受け入れられますか?家計はどちら主導でいきますか?など、「お金のこと」は、結婚をする前に、または結婚してすぐに決めておきましょう。

自分のお金の使い方、相手の使い方を見直し、具体的に、趣味には1ヶ月○円のみ(お小遣いの範囲内)などと決める。金銭感覚が違っても、どちらかが確実に合わせられるなら、上手くやっていける。

許すこと

人間、誰でも失敗するなんて、わかっているのに、一緒に生活すると相手の至らない点にイライラすることもあるかもしれません。当たり前ですが、完璧な人間はいません。まずは許す。それから一緒に改善することが大事。

夫婦や家族が危機にさらされたとき、その原因を作った相手を責めるのではなく、どうやって修復し、よくしていけるかを考える。それには見返りなど求めないこと、まずは「許す」気持ちをもてるかどうか。

乗り越える

結婚生活は甘いことばかりではないかもしれません。仕事の面、お互いの性格、その他環境など、乗り越えるべきことが出てきたときに、きちんと話し合い、理解をし、考えられるかどうかが鍵になります。

性格や男女の違いもあり、「話さなければわからない」ことも多いです。言わなくてもわかるという考えは捨てて、お互いの意思を伝えること、できれば、溜めずに常に話ができることで乗り越えられることもあります。

相手の危機は自分の危機でもある。どちらかの努力だけではうまくいかないことも多いので、一緒に戦い、乗り越えられる相手かどうか、普段から物事をうやむやにしないことも大切。

おわりに

「この人と結婚する?」と思ったときに、ちょっと立ち止まって考えるポイントをご紹介しました。目新しいものはないと思いますが、基本中の基本です。

恋は盲目状態のときの結婚は、現実を見えなくしてしまう可能性がありますので、ちょっと冷静になってからか上記のポイントを参考にしてみましょう。結婚の決め手は1つだけではありません。情だけではなく、楽しい時も苦しい時も「やっていけるか」を考えてみてくださいね。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120628143049 4febec09d69b0

本記事は、2011年01月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る