生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 職場で周りの人を癒す4つのポイント

職場で周りの人を癒す4つのポイント

2011年01月04日作成

 views

職場は仕事をするところですから、空気が張り詰めていたり、疲れが見えたりする瞬間もあると思います。そんな職場でちょっとしたポイントをおさえるだけで、周りの人を癒すことができます。

今回は職場で周りの人を癒す4つのポイントを紹介します。

目次

明るい挨拶を心がける

私が会社の新人時代に、上司がよく言っていました。明るく元気に挨拶して、みんながいい気持ちになるだけで、どんな社員も職場にいる意味があるよ、と。

朝の元気な挨拶にその日1日のやる気をもらったり、何かをしてあげたときのありがとうの言葉に、してあげてよかったと思えたり、疲れているときの一言に励まされたりすることも多いでしょう。

タイミングとポイントをおさえて、挨拶したり、一声かけたりするようにしましょう。特に、挨拶にも一言加えられたら、上出来です。

ちょっとしたことを褒める

誰か、いつもと違うファッションをしているとき、上司に褒められていたとき、仕事が上手くいったとき、普通のときでもかまいません。人があまり褒めないようなちょっとしたポイントを褒めるようにしましょう。

ちょっと心が温かくなります。この時、わざとらしくお世辞っぽくならないように気をつけましょう。

また、一緒にいる(仕事をする)と、頼りになる、仕事が上手くいく、すごく頑張れる、などの発言も、仕事へのやる気も出ますし、心が温まります。

「手伝います「「近くにいます」と言う

忙しそうにしている人がいたら、「何か手伝いますよ」と一声かけましょう。例え、頼めることがなくても、この一言には励まされます。同じような感じで、「近くにいるので、何かあったら言ってください」というのもあります。

後輩などで困っている人がいるときも同じです。特になかなか結果が出ずに悩んでいるときには、「近くにいるから、私はよく分かっているよ」「いつも見ているけど頑張っているね」などと声をかけてあげるようにしましょう。

飴をたくさん持っておく

疲れていたり、張り詰めて仕事をしている人には飴を渡しましょう。疲れたときの甘いものは心も休まりますし、ちょっと飴の袋を開けて、食べるという作業をするだけでも、一息つくことができ、頭を切り替えることもできます。

毎日配っていると、当たり前になってしまいますが、何か疲れを感じていそうなタイミングに渡すと効果的です。「お疲れ様です、ちょっとリフレッシュにどうぞ」などの一言添えると更に効果的です

おわりに

自分のことを誰かが見てくれて考えてくれていると思うだけで、心が温まり癒されるものです。試してみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110101042724
  • 20110101042819

本記事は、2011年01月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る