生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 電車で痴漢に遭わないようにする方法

電車で痴漢に遭わないようにする方法

2011年01月04日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

毎日の通勤電車で痴漢にあったことがある人はいませんか。ちょっとしたことを気をつけるだけで、痴漢に遭う確率を減らすことができます。

今回は、電車で痴漢に遭わないようにする方法を紹介します。

電車で痴漢に遭わないようにするために・・・

できるだけ周りに女性がいるところに立つ

電車を待っているときに、待っている女性が多くいる場所で一緒に待ちましょう。電車の中でも、周りが女性だったら、痴漢に遭う可能性はぐっと低くなります。

また、ドアを背を向けて立つのも効果的です。ただし、電車の連結部分のドアの前は、死角になり、周りからあまり見えなくないことから狙われる可能性が高くなるので、避けるようにしましょう。女性専用車があれば利用してください。

手でガードしておく

電車内で立つ時に、カバンか雑誌を前に抱えて持つようにし、胸をガードします。もう片方の手をお尻のほうに当てるようにして、ガードしておきます。

服装は?

スカートを避けてパンツを履いたほうがいいと言う人もいますが、あまり関係ないような気がします。露出が多い人も狙われますが、一番狙われやすいのは、大人しそうな格好で、あまりメイクが派手じゃないタイプです。

すごく目立つタイプや隙がない人はあまり狙われません。

目立つファッションは通勤には向かないので、ちょっと気が強そうなキャリアウーマン風のファッションをしたり、ちょっと小難しい経済系の雑誌や新聞、スポーツ新聞などを持つようにしましょう。

痴漢にあったら・・・

「やめてください」と声をあげるのが一番ですが、勇気がなくて出来ない人は、ヒールで足を踏む、ひじで後ろを突くなどできる範囲でしてみて下さい。

また、後ろの人が痴漢かも?と思ったら、すみませんと言って、ちょっと移動するようにしましょう。

おわりに

以上が痴漢に遭わないようにする方法です。また、いつも痴漢に遭う人だったら、早めに通勤をして、人が少ない電車に乗るようにしましょう。時間を少しずつ変えて、女性が多い時間帯・場所を選ぶようにすれば、被害は減ります。

IMAGE:/r/20110101/20110101132458.jpg

この記事で使われている画像一覧

  • 20110101132421

本記事は、2011年01月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る