生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就職活動において志望動機を上手に伝える方法

就職活動において志望動機を上手に伝える方法

2011年01月04日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

今の時期、大学生の人は就職活動を行っているという人も多いのではないでしょうか。

そしてエントリーシートや面接で必ず聞かれることが「志望動機」です。これをうまく伝えることができなくては、就職活動を成功させることは難しいです。

しかし志望動機ってどうしてもありきたりな内容になってしまったり、明確なものがあっても本番でうまく伝えることができなかったりしますよね。

今回はそんな人のために就職活動において志望動機を上手に伝える方法を紹介したいと思います。

志望動機を見つける

まずは漠然としたものではなく、明確な志望動機を見つけましょう。具体性のないものはアピール力が弱いです。

自分の興味のある分野を絞る

企業を選ぶ際にはまず自分がどんな業種に興味があるのか分析してみましょう。興味があれば志望動機も見つけやすいです。

適当に業種を選んでしまうと、その魅力もわからないのでアピール力のある志望動機が見えてこないです。

その企業を研究する

エントリーする企業が見つかったら、その企業がどんな仕事をしているのかなどを調査しましょう。

今、その企業が力を入れている企画などがわかれば、それを志望動機に取り入れることで具体性とアピール力を持たせることができます。

しかし中途半端に調べただけでは面接などでわからないことまで聞かれて逆効果になることもあります。調べるなら徹底的に調べましょう。

志望動機を上手に伝える

どんなに素晴らしい志望動機でも、相手にしっかり伝わらなければ意味がありません。

上手に伝えるコツを紹介したいと思います。

結論を最初に伝える

まず、自分が考えた志望動機の中で一番伝えたいことは最初に言いましょう。

もったいぶって長々と前置きを話していては、大事な部分を伝える前に見限られてしまったり、結局うまく言えなかったりします。

大事なことをズバッと冒頭に持ってくることでインパクトを与えることもできますし効果的です。

論旨明確に話す

よくある失敗として、必要のないことをいつまでも長々と話し続けるというパターンがあります。

文章力という意味ではたくさんの言葉が出せるので好印象かもしれませんが、面接などにおいては相手を飽きさせてしまいます。

ただでさえ面接官はたくさんの受験者の志望動機を聞いてきているので、長々と話されたら確実に飽きてしまいます。

伝えることは短くはっきり伝えることを心がけましょう。

おわりに

いかがでしょうか。志望動機はどんな企業でもほぼ必ず聞いてくる内容です。

ありきたりなものになってしまいがちですから、他人との差別化を図るのが難しいのです。

しかし逆に、上手に差別化できたらかなりのアピールになります。しっかりと準備して取り組みましょう。

本記事は、2011年01月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る