\ フォローしてね /

ちょっと小腹が空いたときにおすすめな簡単葛湯のつくり方

これからの寒い季節ちょっと小腹が空いたときに簡単につくれ、体にも良い葛湯を紹介します。

その前に、葛粉とはクズの根から取れるデンプンです。

葛粉は薬効を持ち、体を温め血行をよくします。またイソフラボンも入っています。

葛粉100%のものを本葛(ほんくず)と呼びますが、現在は純国産本葛100パ-セントのものが少なくなっていますのでよく確認しましょう。(中国産のものは残量農薬などが心配です。)

基本の葛湯の材料 (一人分)

  • 本葛・・・・・20g
  • 砂糖・・・・・20g
  • ぬるま湯・・・・・20g
  • 沸騰したお湯・・・・・180~200cc

用意するもの

  • カップ
  • スプーン

作り方 

STEP1

カップを温めます。

カップに葛 20g・砂糖 20gを入れ20ccのぬるま湯で溶かします。

STEP2

沸騰したお湯(180~200cc)を少しずつ注ぎながら、透明になるまでよくかき混ぜます。

(透明にならない場合は電子レンジで加熱して下さい。)

市販の葛湯の場合

STEP1

カップを充分に温めておいてください。

沸騰したお湯を用意します。

ポットのお湯でもいいですが、必ず再沸騰させてください。

STEP2

温めたカップに葛湯の素を入れます。

沸騰したお湯をくず粉がかくれる程度まで注ぎかき混ぜます。

STEP3

ゼリー状になればさらにお湯を注ぎ、透明になるまでよくかき混ぜます。

これでプルンとした食感のおいしい葛湯のできあがりです。

(透明にならなかったときや、プルンとならなかったときは電子レンジで温めてください。)

バラエティーにとんだ葛湯

基本の葛湯をマスターすればあとは簡単。お好みでいろいろと試してみましょう。

  • トッピング
    生姜・ゆず・レモン・抹茶・あんこ・・・etc

  • 甘味

蜂蜜・黒砂糖・三温糖・・・etc  

  • お湯

牛乳・豆乳・コーヒー・紅茶・・・etc 

失敗しないコツ

葛湯をつくるときに「透明にならなかった」 「固まらなかった」という場合があります。それは葛粉に加わる熱量が足りなかったためです。

失敗しないためには

  • 器は十分に温めておく。

  • 葛粉を溶くとき、ぬるま湯を使用する。

  • 必ず沸騰したお湯を使用する。

  • 砂糖は仕上がりに加える。

以上の4つを心がければほとんど失敗はありません。

それでも失敗して固まらなかったときは?

電子レンジで約10秒加熱し、よく混ぜてください。これを、透明になるまで繰り返す。

だいたい1~2回で大丈夫です。

おわりに

葛粉は少ししお高めです。

また片栗粉で代用することも出来ます。

そのため外国産の葛粉を混ぜたり、片栗粉やコンスターチなどを混ぜたものもあります。

裏の表示を確認したり、自然食品のお店で100%国産本葛をお求めになり一度試してみてください。
 
片栗粉との味の違いがわかるとおもいます。

昔から飲み続けられている葛湯。みなさんもバラエティにとんだいろいろな味を楽しんでください。

そしてこの寒い冬を葛湯で乗り越えましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。