\ フォローしてね /

似顔絵を楽しく描くコツ

このライフレシピのもくじたたむ

今回は絵の中でも、似顔絵を楽しく、雰囲気よく描くコツをご紹介します。

似顔絵は、身近な人に対する日ごろの感謝のシルシ、つまり自分の「思い」を形にするものです。「うまく描こう」「似なくてはダメだ」と思う必要はありません。

生き生きと

絵というものは何でも、生き生きと描ければいいのです。上手に描くということにとらわれず、自由にのびのびと鉛筆を動かせるようにしたいものですね。

ではさっそく描いてみましょう

鉛筆で書く場合でも、なるべくリンカク線はいい加減にとって、色鉛筆などでボンヤリと影をつけて「影で形をとる」ようにすると、とても雰囲気よく仕上がります。

顔の細かいシワは、なるべく省略してあげましょう。あとは目元をパッチリと。

それと男らしさ、女らしさは、アゴのラインで決まります。

男性はアゴを少し大き目に、エラを少し張り加減にしてあげると、精悍な感じになります。女性はアゴを小さめに細く描いてあげることで、優しい雰囲気になります。

リアルに描こうとする時でも、少しデフォルメを加えてあげることで、その人らしさが増す場合があります。

おわりに

日ごろ絵を描かない方も、ひとつご自分の可愛らしい子供さんの絵を、1枚残してあげてはどうでしょうか。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。