生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 好きな女性の心を虜にする方法

好きな女性の心を虜にする方法

2011年01月04日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

女性を口説き、オトすためのテクニックなんて、ホストかジゴロみたいな一部の男だけが身につけるもので、自分には一生縁のないものだと思ってませんか?

しかし世の中には男と女しかいません。せめてそれなりの場所に居合わせた時ぐらいは、気の利いた言葉で女性の心を癒してあげることは、むしろ男の責任といえます。

お互いの心に、後々まで思い出として残るひと時を作れるかどうかを考えましょう。その後付き合えるかどうかは、結果的な問題として考えた方がいいかもしれません。

ポイント1:スマートな自分を演出する

好きだった女性と2人きりになっても、冷静な自分を保ち、さりげない気遣いができますか?

相手が喜ぶ話題をどんどん出して盛り上がることが無理でも、変に緊張してオドオドしたり、逆に下心丸出しの変な目で見たり・・・がないだけでも、女性から見たポイントは高いでしょう。

ポイント2:男は多少ダメっぽい方がいい

高収入高学歴高身長、何もかも万能で、女性をグイグイ引っ張っていくタイプでなければ、モテないと思っていますか?

むしろ女性の理想に近づこうと、無理に高額な買い物をしてみたり、自分に何かしらの力があることを誇示する方が、浅ましくは思えないですか?

やることなすことうまくいかなくても、そんな自分を素直に出していくようにしましょう。女性は母性が働き「この人のために何かできることはないか」と考えてくれるはずです。

もちろんそこにつけ込んで、大金を貢がせるなどはもっての外です!

ポイント3:ねぎらいの言葉は一番有効

あなたに安心して何もかもを打ち明けられるような雰囲気になった時、家庭や職場などの愚痴を聞いてもらうことも多くなるでしょう。

基本的に反論などはしないように。相槌だけを打ち、たまに「大変だったね」「そうそう、君は間違ってないよ」などと言ってあげると、女性はさらにあなたに心を許せるようになります。

おわりに

甘い言葉で女性の心をトロけさせるなどという雰囲気とは程遠かったかもしれませんが、いかがでしたか?

もしもそんな必殺テクニックみたいなものがあっても、複数の女性を次々とオトしてしまっては、後々がとても面倒なことになりますよ。

好きな女性と、最高の思い出を作りましょう。たとえひと時の思い出だけで終わってしまっても、長い付き合いの間にお互いが変わっていくよりは、ずっといい場合もあります

この記事で使われている画像一覧

  • 20110101152624
  • 20110101151404

本記事は、2011年01月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る