生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 職場で自然に自己PRするコツ

職場で自然に自己PRするコツ

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

会社で評価を得るためには、自己PRは欠かせません。せっかく苦労してとった資格や自分が元々持っている能力も、周囲の人に認めてもらわなければ宝の持ち腐れです。

周囲の人に認めてもらうにはどうしたら良いのでしょうか?ここでは、チョットしたコツを紹介したいと思います。

職場で自己PRするコツ

職場で、いきなり上司や同僚に「実は○○ができます」とか話しても、信用してもらう事は難しいです。認めてもらうために実績を作ることから始めましょう。

次に実績作りの3つのコツを紹介しますので、参考にして下さい。

間接業務で実現する

業務が無いのに実績なんて作れないと言われるかもしれませんが、業務自体を自分で作れば良いです。本来業務は、依頼や指示が無いと難しいですが、本来業務の改善や提案など間接業務で実績を作ることができます。

例えば、「データ集計業務に1時間かかっているところ、自作プログラムを作成して20分で処理を可能にして上司に報告する」といった感じのことを行えば、確実に能力をPRできます。

具体的な資格、数値で示す

能力を示す時に「○○ができます」と言っただけでは、相手は、あなたがどの程度の業務をこなせるのか、また、業務を任して良いのかを判断することができません。

例えば、「英検2級取得」とか「1000レコードなら20分位で入力できます」などのように資格や数値で示すと相手が評価し易く強力な自己PRになります。

関連実務が得られるよう働きかける

上記2つのコツが実行できれば自然に本来業務が回ってくる可能性がありますが、あえて他部署も含めて積極的に業務が無いか確認するようにしましょう。

積極的に働きかけることで、本来業務が得られるだけでなく、新しい人間関係が出来たり、周囲の評価向上に繋がったりします。

おわりに

自分の持っている能力を形にして、評価に繋げることに徹底的にこだわる事ができれば、職場で充分な自己PRが出来ていると言えると思います。頑張って、良い仕事・評価を得ましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101229165646

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る