\ フォローしてね /

新年の抱負を達成する方法

あなたの「新年の抱負」は何でしたか?

おそらく「○○を達成する」などの目標を宣言する人が多いのではないでしょうか。そんな「新年の抱負を達成したい」あなたに今日はこんな話を…

では質問です。

新年の抱負を達成するには、どの方法が一番効果的でしょう?

1. 「成功報酬(ご褒美)をあげる」

2. 「小刻みな目標を立てる」

3. 「ほめる」

選んでから、続きを読んでくださいね。

 成績が伸びるのは?

アメリカの心理学者であるハーロック(1925年)は、小学生を対象に算数の答案を返す時の教師の態度で、生徒の成績に影響が出るかを調べました。

生徒は成績に関係なく『ほめられ続けたグループ』『しかられ続けたグループ』『無視され続けたグループ』に分けられました。

テストを5日間続けたその結果、成績は最終的に

  • 『ほめられ続けたグループ』は「71%」上がりました
  • 『しかられ続けたグループ』は「19%」上がりました
  • 『無視され続けたグループ』は「 5%」上がりました

『無視され続けたグループ』の成績があまり変化ないのは理解できますね。先生に何も言われなかったのですから、ヤル気も何も出なかったわけです。

でも『ほめられ続けたグループ』と『しかられ続けたグループ』にこんなにも差がでたのはなぜでしょうか?

実は、『しかられ続けたグループ』は最初の3日間は成績が伸びていました。しかし、その後は停滞してしまったのです。

反対に『ほめられ続けたグループ』は5日間ずっと成績がアップしました。

つまり、しかられると伸び悩み、ほめられると限界がなくなるのです。

 好きになるから伸びる

おそらく「ほめて伸びる」と言うのは、こんな三段論法になっているのだと思います。

「ほめられるから好きになる」→「好きになるからヤル気(自信)になる」→「ヤル気(自信)になるから苦なく続けられる」

この「苦なく続けられる」というのがポイントです。

勉強や仕事など、努力というものは、途中で分からなくなったり苦しくなる時があるものです。

問題はその「苦しい壁」をどうやって乗り越えるのか。

『しかられ続けたグループ』は頑張ろうとはするのだけど、壁に当たった時に乗り越えるだけのヤル気(自信)が出なかったのではないでしょうか。

『ほめられ続けたグループ』はほめられた事によって好きになったから、それが自信となりヤル気となり、壁も難なく乗り越える事ができたのだと思います。

「好きこそ物の上手なれ」と言いますが、まさにその通りだったのです。

まずは自分から

さてここであなたは思うはずです。「ほめられると伸びるのは分かったよ。でもほめてくれる人なんてそんなにいないじゃん」

確かに、ほめ上手な人ってそんなにいませんし、大人になると基本的に誰もほめてくれませんよね。

でも、ちょっと待ってください。

大切なのは、ほめられる事ではなくて、好きになる事のほうですよ。「ほめられた」というのは好きになるキッカケでしかありません。

だから、あなたの「新年の抱負」も、まず好きになる事からはじめてください。そのためには自分をほめてあげてください。誰もほめてくれないなら,自分で自分をほめるのです。

心理学では「ほめられたい!」とか「認められたい!」という欲求を「認知欲求」といいます。認知欲求は、自分で自分をほめるだけでも満たされるものです。自己暗示ってすごいです。

だから、どんなに小さな目標でもいいのです。達成したら必ず自分を「よくやったね」とほめてください。

ほめているうちに、きっと本当に好きになり「苦しい壁」も乗り越えられるようになると思いますよ。

また、自分を好きになったら、今度は他の人も好きになってください。人を好きになって、人をほめてあげるのです。

人に好かれるのは、人を好きになる事の裏返しにすぎません。ほめてあげた人は、きっと自分を好きになってくれるでしょう。人に好かれると、あなたもますます自分を好きになっていく事ができます。

ほめるだけで、あなたも幸せ、あなたにほめれられた人も幸せ。

ほら、みんながハッピーになれます。ステキです。

こんな風に、幸せの連鎖が始まると思いませんか?

あなたのタイプは?

では冒頭の質問に戻ります。

1, 「成功報酬(ご褒美)をあげる」

を選んだあなたは、三日坊主になりやすいタイプではないでしょうか。

「アメとムチ」は、瞬間的には爆発的なヤル気が出るものですが、長期的にはすぐにヤル気がなくなってしまうものです。

「ここぞ!」という時だけ、「ご褒美作戦」として使ってみるといいかも知れませんね。

2, 「小刻みな目標を立てる」

を選んだあなたは、コツコツ継続できるタイプだと思います。

フランスの哲学者であるデカルトは『方法序説』という本の中で「困難は分割せよ」と言いました。

これはつまり「難しい立派な目標は、三日坊主になりやすいから、小さく簡単な目標に分けて、一歩ずつ着実に達成するとイイよ!」ということです。

あなたはまさしくそれを地で行くタイプ。小さな目標を達成するごとに自分をほめてあげてくださいね。あなたなら成功間違いなしだと思いますよ。

3, 「ほめる」

を選んだあなたは、努力を苦なくこなせるタイプだと思います。

長期的なヤル気を出すには、やはり好きになる事。自分で自分のヤル気をコントロールできるのではないでしょうか。その調子でGO!GO!です。

あとがき

今回のまとめ

  • ○ ほめられると好きになる
  • ○ 好きになるから続けられる

最後まで読んでくれてありがとうございます。

では今年も1年が、あなたにとって良い年になる事を心から強く強く願っております。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。