\ フォローしてね /

初めての山登りの基礎知識(持ち物・服装編)

このライフレシピのもくじたたむ

最近、山登りを始める人が多くなりましたが、基礎的な知識も持たずに登っている人が多く見受けられます。そのため、道に迷ったり怪我をしたり遭難したりする人も少なくありません。

基礎知識があるかないかで、山での対応も変わってきます。

山登りを始めたいけど、どうしたらいいのか・・という人、ビギナーの人に最低限知っておきたい基礎知識(装備・服装編)を紹介します。

山登りの基本装備

トレッキングシューズ・登山靴

山道を安定して長時間歩くための基本となります。自分に合った靴を選びましょう。

ザック(リュック)

短時間の山登りやハイキングなら片掛けタイプのバック等でも構いませんが、長時間山道を歩く山登りでは、ザックに荷物を入れ背負った方がバランスもよく疲れにくいです。

ザックはいろんな種類がありますが、目的や山行日数によって使い分けされます。目的に合わせて、身体にフィットするザックを選びましょう。

雨具

山は天候が変わりやすく、晴れていたのに雨が降り出した。と言うことがよくあります。雨風にあたり身体が冷えると、低体温症になることもあるので雨合羽やレインウェアなど常に携帯しましょう。はじめのうちは、安いもので構いません。

服装

基本的に長袖シャツ・長ズボンと動きやすい服装なら問題ありませんが、「もしも・・」のことを考えると保湿性・吸汗性・速乾性のものがいいです。ソックスは薄手のものより厚手のソックスを選びましょう。太陽の熱や紫外線から守るためにも帽子は必要です。

雨よけ対策としてあった方がいいもの

  • ザックカバー(ザックが濡れると中のものも濡れてしまうため)
  • レインスパッツ(靴に雨が入るのを防ぐための登山用具)
  • 手袋(雨に濡れても暖かいもの)

行動食・非常食・飲料

行動食は登山中に食べる食料として、日帰りならおにぎりやパンなど主食として食べられるものです。非常食はおやつとしても食べられるような、飴やカロリーメイト・チョコレートなど保存が利くもの。飲料は、水やスポーツドリンクがおすすめ。

装備に関してはまだまだありますが、山登りをしながら必要なものを足していくといいでしょう。

おわりに

山登りは気軽に出来ますが、平地と違っていろんなところに危険が潜んでいます。最近では、低山や里山での遭難が多くなっているそうです。どんな山に登るときでも、万が一のことを考えて登りましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。