生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 主婦の再就職における「志望動機」の書き方

主婦の再就職における「志望動機」の書き方

2010年12月31日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

学生の就職活動が困難を極める時代、再就職の雇用も間口が大変狭くなっています。履歴書の志望動機欄を空白で出すような人もいるらしいですが、そんな事をしていて採用される時代ではありません。

自分が何故その企業を選んだのか、そこで何をしたいのか。じっくり考えて「採用される」履歴書を作りましょう。

自分の希望ばかり書かない

「近場で通いやすいから」だけでは弱い

主婦なんだから家庭の事を考慮してくれるのが普通でしょ。と言うのは、企業がいくらでも人を採用してくれていた時代の話です。近くて通いやすいと言うのは確かに志望動機の1つではあります。

しかし、それだけで応募したら、企業は「もっと働いてくれそうな人」の方を採用してしまいます。就職難における求職活動では、相手に求めるばかりではなく、自分が求められる人材になる必要があります。

「以前と同じ仕事ができそうだから」では「何様?」と思われる

以前の職歴を生かせそうな企業だからと思っても、そんな書き方では採用されませんよね。以前の職歴を生かせる部署に配属するかどうかは企業が決める事であり、貴女が決める事ではありません。

良い志望動機を書くコツ

マイナス点はプラスに置き換える

「小さな子供がいて保育園の迎え時間があるので、融通が利きそうな御社に応募いたしました」と言うのは、上で述べたように「自分の都合ばかり」の志望動機です。

「御社は子育て中の主婦でも活躍できる理解のある会社だと伺っております」「子供は預けられますので心配はありません」など、とりあえず志望動機蘭ではプラスの印象を与えてください。

企業を誉める

「いつも買い物をさせていただいていて素晴らしい売り場だと思っていました」など、自分がその企業に愛着があり、だから働きたいと思っていたようにアピールしましょう。

もちろん、下調べ、企業研究もしてから行きましょうね。何も知らないで応募したら、面接で「何でウチなのですか?」と聞かれた時に答えに詰まってしまいます。

職歴はさり気なくアピール

前職を生かした仕事には、もちろん着きたいですよね。では、自分が何をしてきて、だから「御社のお役に立てる事と思い応募させていただきました」なのです。とにかく、持ち上げる書き方をして下さい。

おわりに

志望動機も面接も、自分が採用する側の人間だったら、と言う事を考えて書くと良いでしょう。家庭の都合ばかりを押し付けて来る主婦を自分が社長だったら雇いたいでしょうか。

企業の身になって発言し、企業に喜ばれる社員になること。それをアピールするのが就職活動です。頑張ってください。

本記事は、2010年12月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る