生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新年の目標の立て方

新年の目標の立て方

2010年12月30日作成

 views

お気に入り

はじめに

もうすぐ新年です。年が明けると、なんだか気持ちも改まり、今年こそは、あんなことやこんなことに挑戦したい!と、様々な意欲が湧いてきますよね。

そこで、そんな意欲を、具体的にどんな風に実現していけば良いのか、新年の目標の立て方を紹介したいと思います。

新年の目標の立て方

書く

まず、大まかな目標を、紙に大きく書いて見えるところに張りましょう。ここで言う「大まかな目標」というのは、例えば「ダイエット」のような、大見出的なものです。

せっかくのお正月ですので、半紙と墨で書くと、より気持ちが改まります。半紙や墨がない場合は、サインペンでもかまいません。

具体的な目標を決める

次に、その目標の具体的な数字などを決めましょう。例えば、ダイエットなら、「今年中に5キロ痩せる!」というような感じです。

具体的な目標が決まったら、大まかな目標の横に、小見出しのように書いておきましょう。

具体的な方法を考える

その目標を達成するために何をするのか、具体的な方法を考え、別の紙に書き出していきます。

ダイエットで、5キロ痩せるために、「毎日30分ウォーキングする」「間食は100キロカロリー以内にする」という感じです。

書き出したら、その紙は、机に張ったり、手帳に張ったり、気が向いたら見られるようにしておきましょう。

おわりに

目標は、立てただけではなんの意味もありません。せっかく、新年に、気持ちを改め、新たなことに挑戦しようとするのなら、その気持ちを忘れず、1年間頑張りたいですよね。

そのためには、目に付くところに、改まった気持ちで書いた目標を掲げておくことが大切。毎日見れば、新年の決意を忘れることなく頑張れます。

それから、具体的な数字をみれば、さらにヤル気もアップします。「この目標まで、あと少し!」と、自分を奮い立たせることができます。

掲げた目標を眺めても、なにをすれば良いのか分からない時、具体的な方法を書いた紙を見れば、「そういえば、最近、これ、やってないな・・・」と、すべきことが見えてくるかもしれません。

少し未来の自分を奮い立たせるために、新年の改まった気持ちを、ぜひ、文字にしてみましょう。

本記事は、2010年12月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る