\ フォローしてね /

収入が下がっても、道を変えたらお小遣いが増える方法

このライフレシピのもくじたたむ

あたかも当たり前と思っていたことでも、いざとなると全く違って見えることもかなりあります。月5万円ほどあったお小遣いも今や5分の1。実際にやってみると結構簡単に、苦労することなく節約できました。

用意するもの

  • 水筒

やり方

無駄遣いってこんなところに転がっているのですね。簡単な方法の一つ目は普段通いなれている道を見直すことから初めて下さい。

通勤路を変えてみる

夜のネオンに誘われてということはあまり無いのですが、帰り道にあるコンビニの明かりに惹かれてお店の中へ行くこともしばしば、いえ毎日でした。

ちょっと飲み物、雑誌、そしてアルコール飲料や、おつまみ、おでん等々、買わなくていいものまでつられて買ってしまうんです。

1日1,000円が月にしたらかなりの金額です。本当に必要なものもあるのですが、後で思うと、クビをかしげるものもかなりありますね。

入らない勇気も必要ですが、コンビニの前を通らないというのがもっとも良い方法でした。少しばかり遠周りでも、絶対に寄らなくなります。

買い物に行ってみる

スーパーやディスカウントショップに、奥さんと行って値段を良く見てください。

コンビニの半額以下の商品が、所狭しと並んでいます。驚愕の価格といわんばかりに、1本150円のペットボトルの飲料が87円で売られています。悩みますか。

さらには500mLが150円なのに、1.5Lが178円なんてことを考えたら、どこで節約をして、どこで贅沢をするべきかは一目瞭然といえます。

買い物なんて奥さんがと思うご主人、そしてコンビニでいいやという独身の皆さんもっと進んでスーパーへ行ってみてください。

水筒を持ってみる

鞄を持つことが嫌いでできるだけ手には何も持たないスタイルでしたが、少しだけゆったりめの鞄をもち水筒を持ち始めました。

ダイエットの為に炭酸飲料から水やお茶にしたのですが、先ほどの1.5Lや2Lが100円以下で買えて、出がけに詰めるだけで25円で済んでしまいます。

人と一緒のときは、喫茶店などのお店に入ってしまいますが、そうでないときは水筒を利用すれば、こんなにもお得ですよ。

おわりに

体裁を気にしてしまい、部下にかっこつけるために喫茶店でコーヒーをおごる場面の多い上司の皆さん、限られたお小遣いでも、塵も積もれば大きくなります。

節約は節約、贅沢は贅沢、うまくバランスを取る為にもこの方法は限りなくお薦めです。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。