生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 4つのポイントを押さえて収入ダウンを受け入れる方法

4つのポイントを押さえて収入ダウンを受け入れる方法

2010年12月29日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

不況の波はとどまることを知らず、日本の景気はまだまだ冷え込んだままです。ボーナスカットや人件費カットなど、明るいニュースは聞こえてきません。

収入ダウンを目の当たりにした人は、これからどうしたらよいのでしょうか?今回は、収入ダウンを乗り切るためのポイントを考えてみたいと思います。

情報を共有する

家族がいる場合、情報の共有は絶対です。小さいお子さんにまで教える必要はないと思いますが、家のお金を使っている人にはしっかりと伝える必要があると思います。

収入が減ってしまったことや、今後どのように節約していくのかなど、家族間での情報を共有することで、家族一人一人が収入ダウンと向き合い、みんなの力で乗り切っていけるのではないでしょうか?

収支を振り返る

この作業は、一人が責任を持って行うことをオススメします。お金の管理を複数人で行うと、どうしても二度手間になってしまったり、不明金が出やすくなってしまったりするからです。

家計簿をつけることができればベストですが、そこまでしなくとも、毎日だいたいどのくらいのお金が出て行って、今月あとどれくらいのお金が使えるのかは把握するようにしてください。

削れる費用

収入がダウンしてしまったとき、一番いいのは支出を抑えることです。ただし、支出はむやみに抑えればいいというものではありません。削りやすく、削っても問題のない部分から削っていくようにしなければなりません。

食費

この項目が一番支出を減らしやすく、また減らした効果も出やすい項目です。

WEB上ではnanapiや他のサイトでも食費を少なくするレシピの例などがたくさん紹介されていますので、参考にして減らしてみてはいかがでしょうか?

ページが見つかりませんページが見つかりませんも参考になりそうですね。nanapiの場合は検索窓に食費節約などのキーワードを入れるとたくさんヒットしますよ。

服飾費

ここも上手に抑えて節約できる部分です。ネットで購入したり、古着屋さんを利用したりすることで、定価で買うよりずいぶんお得に手に入れることができます。

また、バーゲンやセールを狙うのもオススメです。運がよければ欲しかった洋服が割引価格で手に入ります。

光熱費

この項目もしっかりと抑えたい費用の一つです。電源をこまめに消すことや、エアコンを必要以上に使わないことなど、よく知られていることですがまじめに実行することが大切です。

充実した家時間

家をキレイに保って、家族が気持ちよく過ごせる空間を作るのも一つの方法です。リビングに家族が集まっているときは、光熱費もリビングの分だけで済むので、経済的でもあります。

家時間を楽しめれば、休日にわざわざ遠出をすることもないですし、少しくらい旅行に行けなくても平気でいられます。

家時間を楽しむためのいくつかの例を挙げておきます。どれもあまりお金がかからず、時間も潰れるのでオススメです。

おわりに

収入ダウンでも気持ち次第で豊かな生活は送れます。がんばってください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101229141718

本記事は、2010年12月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る