\ フォローしてね /

簡単に志望動機を作るコツ

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

就職活動やアルバイトの面接でも必ず聞かれることに、なぜこの会社で働きたいのかという志望動機の質問があります。

多くの企業を受けているのに、感覚的なもの以外で、わざわざ1つ1つ企業に志望動機なんてないのが普通です。それでも聞かれるので準備しておく必要があります。

そこで、簡単に志望動機を作るコツを紹介します。

やり方

STEP1 その企業を知る

まずは、面接を受ける企業の情報を3つくらい集めます。情報がなければ何も考えることができません。

ホームページなどでその企業が自慢しているようなことを探します。それがその企業の特徴で、その言葉を利用することで、自然とその企業をほめながら志望動機を語るとができるようになります。

まずは企業を知ることからはじめる。

STEP2 自分の長期的な目標を作る

社会人には自分の長期的な目標が必要です。また、目標を作ることで未来の自分を自由に作ることができるので、これまでの自分に自信がもてなくても多くのことを語ることができるようになります。

作りにくいときは、企業の目標を個人に置き換えてまねして作っておくと後で便利になります。

自分のことは他の企業でも利用できる。

STEP3 自分と企業とを結びつける

自分の目標と企業の目標や特徴とを結びつけて、それが結びつくからという話を志望動機とします。

できるだけまとめて短い文章にすることで簡単に記憶できるようになります。暗記して面接に行かなければならないので、できるだけテンプレート化すると良いでしょう。

おわりに

志望動機には自分のことを入れることで、自己アピールにつなげることができるようになります。面接の中で多くの部分を占めるものでもないので程よく自己アピールができれば良いでしょう。

数十の企業を訪問するような人に取っては、履歴書や面接の準備で一番時間がかかって大変な要素だと思います。

できるだけはやく水準の高い志望動機をすばやく作れるようになることは重要です。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。