\ フォローしてね /

1000円以内で作れる、手作りアクセサリー(ファスナーを使ったカチューシャ)

このライフレシピのもくじたたむ

今年は、ヘッドアクセサリーが人気ですよね。色々と種類がありますが、オフィスでもプライベートでも使いやすいものと言えば、やはり「カチューシャ」。色々なお店で、可愛らしいデザインの物を見かけます。

今回はどこにでも手に入る素材を使って、シンプルだけど、ちょっと珍しいデザインのカチューシャを作ってみました。本当に簡単に作れるので、是非お試し下さい!

必要なもの

  • カチューシャの土台
  • ファスナー(黒)50cm程度のもの1本
  • リボン(黒)2種類(カチューシャと同じ太さの40cm程度のリボン、それより少しだけ太目の10~20cm程度のリボン
  • 接着剤か両面テープ、はさみ

です。材料費は合計で777円でした(接着剤、両面テープ代は除く)。

今回の材料は、全てオカダヤで揃えました。

作り方

カチューシャにファスナーを巻きつけます

ファスナーを、カチューシャの長さに合わせて両端を切ります。

ファスナーの裏に両面テープを貼り付けます。きちんと接着するように、指で少し強めに押します。

両面テープをはがしたら写真の様に、カチューシャの土台に貼り付けます。

一気に貼り付けようとせず、少しずつ、ファスナーの中心がずれない様に注意しながら貼り付けていきましょう。

ファスナーのはみ出た布の部分を、カチューシャの土台の内側に折りたたみます。この時も、一気に折ろうとせず、少しずつずれないように折っていきます。

もう片方も折りたたみます。

両方とも折ると、写真の様になると思います。

土台の裏側をきれいにします

カチューシャの土台と同じ太さのリボンに、両面テープを貼り付けます。はみ出したテープは、リボンの幅に合わせて、はさみで切り取ります。

テープがはみ出ると、汚い感じになるので注意して切りましょう。

先ほどファスナーを巻きつけたカチューシャの土台の裏側に、リボンを貼っていきます。一気に貼ろうとせず、少しずつ貼っていきましょう。

リボンが浮いてこないように、指の腹で押して強く接着させます。

カチューシャの両端をきれいにします

写真を見て頂くと分かるとおり、このままだとカチューシャの両端が汚いままですし、このまま頭に付けると「引っかかって痛い!」なんてことに。両端もきれいにしていきましょう。

先ほど貼り付けたリボンより、少し太めのリボンを用意します。

裏に両面テープをはりつけます。

写真の様に、少しだけ上が出るようにリボンを貼り付けて

まずは両端を、折りたたみながら

少しだけ出ている上の部分をくっつけます。こうすることで、頭に付けたときに、カチューシャの端の部分が当たったり、引っかかって痛い、という事がなくなります。

もう片方も折り曲げます。反対側も、同じように折りたたんでいきましょう。

完成

つけてみるとこんな感じです。ファスナーの金具の部分がアクセントになって、余計な装飾がなくても、ちょっと目を引くデザインになると思います。

今回は、金具の部分の光りを押さえたゴールドを選んでみましたが、光沢のあるゴールドでしたら、もっとドレッシーな感じに、シルバーでしたらカジュアルな感じになるかと思います。色々な色のファスナーが売っていますので、お手持ちの洋服に合う色で、何色か作ってみても良いと思います。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。