生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 動物と接する職業に就く方法

動物と接する職業に就く方法

2010年12月29日作成

 views

はじめに

不況が続くストレス社会の現在、ペットを飼う家庭が増えてきている様ですね。

動物が人間に与える影響はとても大きく、ペットがいる家庭では家族間の会話が増え、性格もやさしくなります。その分、ペットを失った時のショックは図り知れません。

さて、動物と触れ合う職種はどの様なものがあるのでしょうか?動物が大好きだという方には是非、参考にしていただきたいと思います。

動物と接する職業はどの様なものがあるの?

【トリマー】

動物好きでトリマーになりたいという人も最近増加しているようです。トリマーは「犬の美容師」の事で、シャンプー、カット、エステなどを行います。

小型犬から大型犬まで扱い、又、飼い主も凝っている方が多い為、コミュニケーションが不可欠な職種です。

トリマーは資格を持ってなくても仕事は出来ますが、資格を持ってる方が有利です。詳しく知りたい方はトリマーになるにはをご覧ください。

【犬の訓練士】

犬の訓練士は近年人気の職種で、盲導犬から警察犬、介助犬などの訓練を行います。一般の犬のしつけを行う所もあります。

訓練士になる為には訓練所に犬と一緒に住み込み、3年から6年間、訓練を受ける事になります。

公認犬訓練士の三等訓練士試験を取得することからスタートです。詳しく知りたい方は犬訓練士になるにはをご覧ください。

【獣医師】

獣医師の主な仕事はペットの診察、治療です。しかし近年は色々なペットを飼う方が増え、爬虫類や大型動物などの診察も行う場合があります。

獣医師免許を持っている方は動物病院で働いたり開業したりしますが、検疫所などで食肉の検査や製薬会社で働く場合も多い様です。

獣医師になるには、まず獣医大学を卒業しなければいけません。詳しく知りたい方は獣医になるにはをご覧ください。

【動物看護士】

動物病院で病気や怪我をしたペットの治療をサポートするのが動物看護士です。人間同様、病状次第で徹夜での看病や付き添いもある為、動物の事を本当に好きでないと勤まらない職種です。

動物看護士になるには、動物看護士の資格がないと実際には仕事は出来ないようです。詳しく知りたい方は動物看護士になるにはをご覧になってください。

おわりに

その他資格を持ってなくても出来る仕事もたくさんあります。(ペットホテルやペットサロンなど)動物と一緒に働きたいのホームページに色々詳しく書かれてますので、ご参考になさってくださいね。

本記事は、2010年12月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る