生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 離れて暮らす家族を喜ばせる方法

離れて暮らす家族を喜ばせる方法

2010年12月29日作成

 views

毎日会っている家族なら、毎日話したり、ちょっと気を使ったりすることで、家族を喜ばせることもできますが、離れて暮らす家族だったら、ちょっと難しいですよね。

今回は、離れて暮らす家族を喜ばせる方法を紹介します。

目次

まめにメールを送ったり電話をしたりする

一番簡単なのは、メールを送ったり、電話をしたりすることです。特に、携帯メールであれば短くてもいいですし、空いている時間に送ることもできます。メールをしない家族なら、電話をかけましょう。

メールより、電話のほうが、元気な声が聞けるのでおすすめです。ただし、電話はちょっと間が空くと、家族でもかけにくくなってしまうものです。

毎日かけるとか、毎週○曜日にかけるとか、決めておいたほうがいいでしょう。

メールか手紙で写真を送る

今は、インターネットでメールを見るか携帯メールをチェックできる人がほとんどだと思います。文字や声ばかりでなく、実際に写真で元気な様子を見たら、ほっとして嬉しくなると思います。

できれば、友達と撮った写真や住んでいる町の写真、今日食べたご飯でもいいので、日常生活が分かる写真を送ってあげるように心がけましょう。

特に、単身赴任のお父さんや、田舎に住んでいるおじいちゃん・おばあちゃんには、子どもの様子を写真やビデオに撮って送ってあげるのが一番です。

家族がパソコン音痴で、あなたも手紙を出すのもめんどくさかったら、絵葉書などでもかまいません。

記念日を忘れない

家族の誕生日、子どもの日、敬老の日、クリスマス、バレンタインデー、結婚記念日などには、実際に会いに行くか、行けない場合は、記念日に間に合うように、手紙かカードを添えて、プレゼントを送るようにしましょう。

お正月とお盆は忙しくても、できるだけ顔を見せに行くか、来てもらうようにしましょう。顔が見られる以上の喜びはないと思います。

おわりに

以上が離れて暮らす家族を喜ばせる方法でした。遠くの家族が喜んでくれるといいですね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101229024247
  • 20101229024158

本記事は、2010年12月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る