生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 子連れで飛行機、快適に過ごすコツ。

子連れで飛行機、快適に過ごすコツ。

2012年10月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

子供、特に理屈の通らない乳幼児を連れての飛行機の旅は何かと大変ですね。

ぐずってしまったらどうしよう、オムツ替えはどうしよう。。

親子共に、できるだけ快適な時間を過ごすために、最低限これをやれば何とかなったというポイントを、個人的な経験を元に以下でお教えします。

飛行機に乗る前にできること。

  • フライトの時間は、子供のお昼寝の時間に合わせて予約する。
  • 搭乗前に、空港の売店等で小ネタ(小さなおもちゃなど)を仕込む。
  • ミルク、又は授乳スカーフを用意しておく。

以上に加えて、可能であれば、クラスJ、スーパーシートなど、一般の座席より前の座席との間隔が広い席を予約できるとよいです。

というのも、子連れのフライトの場合、飛行中はバッグから何かと小道具を出す必要がありますし、また子供は、無駄におもちゃやおしゃぶりを床に落とします。子供を抱っこした状態での前屈姿勢を強いられる場面が非常に多いです。

飛行機に乗ってからすること。

  • 離陸前に、「小さい子がおりますので、ご迷惑をおかけするかもしれませんが十分気をつけますので」と(先方の雰囲気を見ながら)両隣の人に挨拶をしておく。
  • 離陸、着陸のタイミングでミルク、又はおっぱいを飲ませる。(気圧の変動で耳が痛くなるのを防ぐため)

飛行機で偶然お隣同士になっただけのあなたと私、とはいえそれも一つの人間関係。円滑に運ぶ様に、配慮する必要があります。勇気を出して、最初に一言ご挨拶することで、一見、無表情で強面だったお隣さんの表情が一変、「なんのなんの、実は私にも同じくらいの子供がいますから」といった、暖かなコミュニケーションが生まれることもあります。子連れの外出において、周囲の理解は何より強い味方ですね。

困ったことがおきました!

ぐずってしまったとき。

  • 目新しいおもちゃを取り出して気を引く。
  • 座席から離れ、立って抱っこする。(シートベルトを外してよいとき)
  • イヤホン、ヘッドホンで音楽を聴かせてみる。(事前に必ず音量を確認しましょう。)

ウンチしちゃったとき。

  • 客室乗務員さんがオムツ替えの台が備わったトイレを教えてくれます。
  • 機内にオムツのストックもあります。

国内線の客室乗務員さんの中には、実は子持ちという方が結構いらっしゃいます。困ったときは思い切って相談してみると、とっても親身に対応してくださいます。

上記に加え、年齢的にOKであれば、お菓子やポータブルDVDなどもあるとよいかもしれません。子供の動きの一歩先を読みながら、親子共に、どうぞ快適な空の旅を!

本記事は、2012年10月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る