生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. オフィスで使える、上司・先輩・後輩を癒す方法

オフィスで使える、上司・先輩・後輩を癒す方法

2010年12月28日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

仕事中に癒されることがあると、気持ちもリフレッシュでき、また頑張ることができます。ちょっとした気遣いで周りの人を癒すことができます。

今回紹介するのは、オフィスで使える、上司・先輩・後輩を癒す方法です。

上司を癒す方法

お茶やコーヒーをいれる

古臭いと思う人もいるかもしれませんが、ちょっと疲れているときにいれてもらうお茶やコーヒーには、本当に癒されます。「ちょっと一息つきませんか、今お茶をいれてきますので」のように一声かけてから持って来ましょう。

電話・伝言メモに一言加える

上司が外出したり、席を外しているときに残すメモに一言加えましょう。

遅くまでお疲れ様です。
外は寒いですから、風邪を引かないでくださいね。

これぐらいの一言がちょうどいいです。あまり書きすぎると好意を持たれている、と勘違いさせてしまうので。

先輩を癒す方法

お茶やメモに、ちょっとプラス

先輩にお茶を出したり、伝言メモを置くときに、飴などの小さいお菓子をプラスしましょう。甘いものは疲れが取れるので、などの言葉を添えられると、更に嬉しくなります。

後輩を癒す方法

私は見ているよ、と言ってあげる

特に新入社員などは、仕事が上手くいっていない、回りが自分のことを理解してくれない、と悩んだり、不満を持っている人が多いと思います。

そんな様子を見かけたら、そっと近くに行って、「私はきちんと見ているから、もう少し頑張ったら、みんな分かってくれるよ。」のように、自分の頑張りを見てくれている人がいることを教えてあげましょう。

優しく意見を聞いてあげる

ちょっと上とも似ていますが、経験がないなりに、後輩もいろいろと考えているはずです。

ただそれを聞いてもらえないことも多いので、ちょっと時間ができたり、一緒になる機会があったときでも、「何か言いたいことがあったら、聞くよ」と言って、意見を聞いて、息抜きをしてあげましょう。

この時、あまり否定せずに、まずは言いたいことを自由に言わせてあげてください。その後で、やんわりと注意するところは注意しつつ、きちんと考えているんだね、と褒めてあげるようにしましょう。

おわりに

小さいことで、職場がほっこりしてくると思います。試してみてください。

IMAGE:/r/20101228/20101228032337.jpg

この記事で使われている画像一覧

  • 20101228032257

本記事は、2010年12月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る