生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. 恋人に対してしてはいけない4つのポイント

恋人に対してしてはいけない4つのポイント

2010年12月28日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

大切な彼・彼女ができたら、できるだけ長続きさせたいですよね。それには、いくつかのルールがあり、それは最低限のマナーでもあります。

今回は、恋人に対して、してはいけない4つのポイントを紹介します。

携帯・手帳を見る

これはどちらかというと、女性が多いと思います。相手がトイレに行ったスキに携帯や手帳を見るという人はいませんか。

相手の携帯や手帳を見るのは、よっぽどのことがない限り、やめましょう。相手を信頼していないことになってしまいます。

いくら恋人同士でも、お互いのプライバシーを守るようにしましょう。

多額の借金

多少のお金の貸し借りはあってもいいですが、それが多額になってしまうと返す返さないなど、揉め事の原因になってしまうことが多いです。返してと言いたくても言えずに、ストレスをためてしまうこともあります。

きちんとした理由があって、どうしても貸し借りが生じる場合は、返済計画を決めておきましょう。

相手に嫌な思いをさせる振る舞い

小さいことかもしれませんが、例えば、同棲しているなら、共用部分を散らかしたり、作ってもらった料理に文句を言ったりはやめましょう。

人によっては、クチャクチャ音を立ててご飯を食べたり、人のちょっとした悪口でも、嫌いになるきっかけになってしまうことがあり、小さいことは積み重なって、ある日突然我慢できなくなってしまいます。

普段から、何をしたら、相手が気分が悪くなってしまうか、考えて、気を配るようにしましょう。いくら気を使わなくてもいい関係とはいえ、最低限のマナーです。

また、約束をしていたのに、用事で約束が守れなかったりしたときはフォローしておきましょう。

浮気や浮気を疑われる行為

異性の友達と、特別な事情がなく、二人っきりで会ったり出かけたりするときは、相手にあらかじめ事情を説明するか、できるだけ控えるようにしましょう。

浮気はもちろんいけませんが、疑われることも控えましょう。どこで誰が見ているか、分からないので、誤解の原因にもなります。

おわりに

当たり前のこともあり、気づかなかったこともあるかもしれません。大切な相手のことを気遣い、長続きするようにしましょう。

IMAGE:/r/20101227/20101227225510.jpg

この記事で使われている画像一覧

  • 20101227225429

本記事は、2010年12月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る