生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 上手な自己PRの方法

上手な自己PRの方法

2010年12月27日作成

 views

お気に入り

はじめに

就職活動の面接や入試の面接、また入社した後の社内や学校内でのコミュニケーションなど、様々な場面で自己PRは重要になってきます。

上手に自己PRできるかどうかでその後の進路に大きく影響する場合もあります。今回はそんなときに使える自己PRのコツを取り上げてみました。

上手に自分をPRするための方法

自分を見つめる

まずはじっくり自分を見つめて、良い点と悪い点をリストにしていきましょう。趣味や、特技なども書き出してみましょう。具体的であればあるほど、自信を持ってPRできるどんな性格があるのか把握しやすくなります。

良い点よりも悪い点が多かったとしても、気にする必要はありません。見つけた良い点を取り上げれば大丈夫です。

分析してみる

自分の良い点をじっくり考え、それが今までの生活や人間関係にどのように生かされているか、具体的な例をあげて考えてみましょう。悪い点は、その性格を別の言葉で表現してみましょう。

例えば、時間にルーズである、ということは、「おっとりした性格」と言い換えられるかもしれません。「長所は短所、短所は長所」とよく言われます。自分では短所と思っていたものが、実は良い性格だったりします。

ポジティプに考えることで、その性格をメリットに変えていくことができます。

方向を決める

入社や入学した後、上の項目で挙げた事が、どのように生かされるかを考えてみましょう。例えば、他の人の意見を聞いてまとめることが上手なら、リーダーとして引っ張っていきたい、と言えるでしょう。

逆に目立つポジションは苦手だとしても、縁の下の力持ちとなってどんな仕事もコツコツ頑張れる、という点が強みになることもあります。方向が決まっていれば大丈夫なのです。

おわりに

きっと思っていた以上に、あなたにはPRできる要素があるはずです。自分に自信を持って、そして好きになってください。そうすれば、生き生きとした自己PRができることでしょう。

本記事は、2010年12月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る